出張報告~堤川、丹陽、栄州、安東、機張、大田での美食三昧。

14051401

今回の韓国出張は目的が大きくふたつ。

・夏に出版する地方グルメ本の追加取材
・秋に行うグルメツアーの下調べ

それがために忙しくも美味しい連休となりました。
収穫も多かったのでさらっとダイジェストで報告します。
上記のお仕事に向けた軽いお知らせも兼ねながら。

冒頭の写真は忠清北道堤川(チェチョン)市の名物で……。

・ヤクチョバプ(薬草ごはん、약초밥)

堤川は朝鮮時代から薬草(漢方材)の栽培が盛んな土地柄で、
ソウル、大邱と並び、3大薬令市(韓方市場)に数えられたとか。
(大田、全州、原州などもそう名乗っておりますが……)

そんな背景から市内には薬草料理の専門店が多数あります。

ヤクチョバプは各種の薬草を煮詰めた水で炊いたごはん。
そこに多数の副菜を用意して定食風に提供しています。

店名:テボミョンガ
住所:忠清北道堤川市新月洞201
電話:043-643-3050

14051402

堤川の隣町に移動して忠清北道丹陽(タニャン)郡。
漢江の上流域にある山里ではニンニクの生産が盛んです。

僕が初めて丹陽を訪れたのは2003年1月のことで、
それ以来、実に11年ぶりの訪問ということになりました。
お目当はマヌルソッパプ(ニンニク釜飯)。

かつて、ニンニクごろごろを期待して撃沈した話は、
メルマガ、コリアうめーや!!第53号に書きました。

第53号/激臭の予感、恐怖のニンニク釜飯見参!!
http://www.kansyoku-life.com/2000/02/1913.html

2003年当時、2かけだったニンニクが、
11年の時を経て、なんと3かけに増えていたのに驚き。
ひとりほくそ笑んだのは言うまでもありません。

なお、釜飯には3かけですが、実際は定食形式であり、
もっと大量のニンニク料理が副菜として登場しています。
ニンニクごろごろでなく、ニンニクずらずらですね。

店名:チャンダリ食堂
住所:忠清北道丹陽郡丹陽邑別谷里28-1
電話:043-423-3960

14051403

丹陽から小白山脈を越えると慶尚北道栄州(ヨンジュ)市。

今回、縁がありまして栄州だけで3泊してきました。
地元の方のサポートもあって、ずいぶん深い取材ができたので、
このブログでも、別途詳しい報告をするつもりです。

なにしろ栄州は市の観光担当さんが、

「名物が多すぎて逆に焦点を絞りにくいのが悩み」

と語るほど美味しいものの多い土地柄。
栄州韓牛、栄州リンゴ、豊基(プンギ)の高麗人参をはじめ、
農産物、畜産物がたいへん充実した地域です。

写真は地元のブランド大豆「浮石太(プソクテ)」を使った、
自家製のチョングッチャン(韓国式の納豆汁、청국장)。

豆自体が大粒で、これは美味しかったですねぇ……。

今回の取材で栄州にドハマリしてきましたので、
当面はひたすら栄州の魅力を語ろうと思っています。
めっちゃ地味ですが、めっちゃいいとこです。

店名:ハンギョルチョングッチャン
住所:慶尚北道栄州市豊基邑西部里138-10
電話:054-636-3224

14051404

栄州の南に接するのが、慶尚北道安東(アンドン)市。

年末に大邱(テグ)から道庁が移転してくるそうで、
役所の方々が、いろいろ大騒ぎになっているようでした。
ちょうど慶尚道が開道して700年という節目の年でもあり、
PRにも力を入れる1年ということみたいですね。

僕自身は丹陽と同じく11年ぶりの安東訪問。
目指した料理は……。

・ホッチェサバプ(祭祀風定食、헛제사밥)

でした。

料理の詳細は11年前のメルマガをご参照ください。
ふざけたフィクションですが、それなりに伝わるはずです。

第48号/安東むかしむかし物語その1
http://www.kansyoku-life.com/2000/02/1903.html

店名:カチクモンチプ
住所:慶尚北道安東市象牙洞513-1
電話:054-821-1056

14051405

そのまま安東に宿泊し、翌朝食べたのがこちら。
モーテルのおばちゃんに、

「そこでクッパプが食べられるからね!」

と教えてもらったお店が、創業60年を越える老舗でした。
店舗を構える前に市場で販売していた頃から数えると、
まあ、100年は越えるんじゃないかな、という店らしいです。

スープの中にはよく煮込まれたサイコロ状の牛肉に、
とろとろになった長ネギ、大根と至ってシンプル。
こういうのがいいんですよねぇ、むさぼり食べました。

店名:シゴルジャントクッパプ
住所:慶尚北道安東市南部洞148-6
電話:054-859-9898

14051406

安東から南下し、海沿いまで出て機張(キジャン)へ。

ずっと山の料理ばかりを食べていたので、
目一杯、海の香りを感じられる料理を選びました。

・アンジャングバプ(ウニ丼、앙장구밥)

ムラサキウニとバフンウニの両方を載せたウニ丼。
アンジャングというのがバフンウニの慶尚道方言ですが、
聞いたところ、ムラサキウニも使うそうですね。

お店の方曰く、

「ムラサキウニだけだとちょっとしつこい」
「バフンウニだけだと若干の苦みが出る」
「両方を合わせてこそ美味しいのよ!」

ということみたいです。
また、旬を見ても、

・ムラサキウニ(5~8月)
・バフンウニ(11~2月)

と夏冬をカバーできる利点があるのでしょう。

なお、日本のウニ丼とは味付けの面で少し異なり、
ごはんの底にゴマ油を混ぜたタレが忍ばせてあります。
もったいなくても、全体を混ぜてたべるのが作法。

ええ、そりゃもう絶品でした。

店名:ミチョン食堂
住所:釜山市機張郡日光面三聖里28-1
電話:051-721-7050

14051407

同じく機張の大辺港(テビョンハン)へ。

3~6月の機張はカタクチイワシが最盛期を迎えます。
港にはテント屋台がずらりと並び、生のイワシを販売。
刺身としても食べますが、塩辛用としても需要が高いようです。
箱買いするとその場で粗塩を振って塩辛にしてくれます。

そんな漁港の風景をひとしきり眺めた後は、
これまたずらりと並ぶ刺身専門店のひとつに入ります。

・ミョルチフェ(カタクチイワシの刺身和え、멸치회)
・ミョルチグイ(カタクチイワシの焼き魚、멸치구이)

のふたつを、ワガママ言って半人前ずつです。
半人前といえども、焼き魚だけで30尾ほどはありました。
たぶん両方で50尾ぐらいは食べたように思います。

どちらも美味しかったですが、

「生姜醤油でも食べたい……」

と思ってしまうのは日本人。
いずれまた行くときは持参したいと思います。

店名:南港フェッチプ
住所:釜山市機張郡機張邑機張海岸路572
電話:051-721-2302

14051408

機張から釜山へ移動し、そこで1泊しようと思ったら、
翌日のKTXが満席だったので急遽、大田(テジョン)まで移動。
韓国も大型連休中だったので交通手段の確保が大変でした。

写真はTwitterでもつぶやいた大田名物のパン。
1953年創業の「聖心堂(ソンシムダン)」が誇る……。

・プチュパン(ニラパン、부추빵)
・ティギムソボロ(揚げそぼろパン、튀김소보로)

というふたつの看板商品です。

これを買い求めるため店内は熱気むんむんの大混雑。
僕みたいにひとつずつ買って味見をしようという客は少数で、
みんなお土産として、どっさり箱買いするのが普通です。

プチュパンはニラ玉入りのほの甘いおかずパン。
ティギムソボロはカリカリ食感のあんドーナツ。

どちらも「すごく美味しい!」と絶賛するほどではないですが、
じわじわと記憶に残り、きっとまた食べたくなるような味。
まずは話のタネに食べて、いつの間にかハマるという感じでしょうか。
僕も次また大田に行ったら、たぶん買ってしまうと思います。

特にニラパンのほう。

ありがたいことに大田駅の中にも支店が出ています。

店名:聖心堂
住所:大田市中区銀杏洞145
電話:042-256-4114

14051409

そんなパンを食べた後にこちらも大田名物の……。

・オルクニカルグクス(激辛うどん、얼큰이칼국수)

煮干しダシに粉唐辛子をたっぷり入れた真っ赤なスープに、
生の春菊を自分で投入しながら食べるのが大田式です。

このオルクニカルグクスもかつてメルマガで紹介しました。
そのとき、ちょうど名物通りが再開発に引っかかり、

「もっとも古い店は、立ち退きをもって店を閉じたという」

という報告をしていました。

第246号/大田にも名物料理があるのだ!!
http://www.kansyoku-life.com/2000/02/2304.html

その元祖店が2012年に場所を移して復活。
そんな話を聞いて、また食べに来たということです。

ひとつ発見だったのは、2011年当時に食べたものと違い、
コチュジャン系のどろどろが感じられなかったこと。
店の人に聞いても、

「コチュカル(粉唐辛子)しか使ってないよ」

ということなので、どろどろは亜種のひとつなんですね。
オルクニカルグクスの源流を知ることができたのは収穫でした。

店名:コンジュ粉食
住所:大田市中区文昌洞37-4
電話:042-582-8284

14051410

そしてもうひとつ。

オルクニカルグクスのタイプではありませんが、
こちらのカルグクスも大田を象徴する一品と語られます。
煮干しダシに、エゴマをどっさり振りかけているのが特徴。

1961年創業という「シンドカルグクス」の看板メニューで、
カルグクス店としてはここが大田でもっとも古いそうです。

先の「コンジュ粉食」が1975年頃の創業ということなので、
当初は大田でもこういったカルグクスが主流だったのでしょう。

あるいはこの「シンドカルグクス」でも卓上を見ると、
粉唐辛子と、ヤンニョムジャン(薬味醤油)が用意されています。
人によっては真っ赤にして食べることもあるのかもしれません。
素地として、そういう食べ方があったのかなぁ、とも。

そのあたりはまたじっくり研究したいと思います。

店名:シンドカルグクス
住所:大田市東区貞洞30-16
電話:042-253-6799

さて、以上が7泊8日の出張で食べたもののダイジェスト。

冒頭でも書いた通り、これらの取材は夏に出す本と、
秋に予定しているグルメツアーの食事に反映されるはずです。
そちらのほうもぜひご期待いただければ幸いです。

ブログのほうでは、この後「栄州報告」を始める予定。

出張後でもろもろの仕事に追われておりますが、
なんとか熱の冷めないうちに書いていきたいと思います。

また、この栄州話。

月末に横浜の講座でも披露しようと考えています。
韓国の地方料理はこれまでもテーマにしてきましたが、
せっかく取材をしたので今回の話題も盛り込もうかなと。
お時間ある方は、ぜひおいでください。

【講座】韓国の美味しい町めぐり- 郷土料理を訪ねて
http://bit.ly/1j3vLja

 

→韓食生活のトップページに戻る

→最新記事の一覧を見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next