第45回「オレカテ」(講師:竹内一郎さん)残席僅少
Close
詳細
次回イベントまで

冷麺は東アジアの平和を象徴する料理です~南北会談のニュースを見ながら

Twitterに投稿した内容の転載です。

今日韓国にいて、韓国のテレビでニュースを見られたことは大きいことだった気がします。ニュースで繰り返される平壌冷麺が無性に食べたくなりました。写真は平壌の高麗ホテルで食べた冷麺。南で食べる冷麺も美味しいですが、本場ははるか上を行きます。気軽に食べに行ける日が来ますように。

ちなみに平壌冷麺とは平壌式の調理法を指すもので、そば粉を主材料として麺を打つのが特徴です。並び称される咸興冷麺はジャガイモのでんぷん100%で細くコシの強い麺を作るのが特徴。咸興でリサーチをしたところ、よく言われる汁の有無は関係ないようでした。写真は咸興で食べた冷麺。これも絶品です。

冷麺は北が有名ですが、南の代表は晋州冷麺です。タコやムール貝、干しダラなどでとった魚介スープに、そば粉とサツマイモのでんぷんで作った麺、具には細切りの牛肉チヂミを載せるのが特徴です。1994年に北で刊行された書籍に「北の平壌冷麺、南の晋州冷麺」とあり、南でも全国的に有名となりました。

現存するもっとも古い平壌冷麺の専門店は日本の神戸にあります。新長田の「元祖平壌冷麺屋」は1939年創業。また、日本で根付いた盛岡冷麺は、咸興出身の方が故郷の味をもとに、日本人の口に合うよう工夫を加えたものです。北を本場とする冷麺ですが、年月を経て日本の食文化にも溶け込んでいます。

中国東北部の吉林省延辺朝鮮族自治州には、朝鮮族の方々が作る延吉冷面(面=麺)があり、牛ダシの甘酸っぱいスープやキャベツのキムチが特徴的です。冷麺マニアが冷麺を極めようとすると、南北、日中を含めすべての地域を平和的に踏破する必要があります。冷麺は東アジアの平和を象徴する料理です。

<関連記事>
北朝鮮報告(1)~平壌、開城、元山、咸興の各地域を食べ歩いてきました。
延辺報告(1)~中国の延辺朝鮮族自治州を食べ歩いてきました。
韓食ペディア ネンミョン(冷麺/냉면)

 

→韓食生活のトップページに戻る

→最新記事の一覧を見る

この記事のタグ:



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next