溝の口の「チャメ」で4度目の正直。

06022401.jpg

都合3度行って1度も食べられなかった溝の口のチャメに、
今度こそはのリベンジとして、朝から早起きして行ってきました。
開店は11時半ですが、その時間に行ったらもう遅いです。
僕は10時15分に到着したのですが、その時点でもう4組目。
危なく開店直後の第1陣に間に合わないところでした。
この店ではそれぞれがゆっくり食べる上、相席も基本的にしません。
食事をする店というよりも、ドラマの雰囲気を楽しむ店なので、
最大限のんびりゆったりとした接客を心がけているようです。
食べるぶんにはいいのですが、待つとなると非常に時間がかかります。

用意された順番待ち名簿に名前と携帯番号を記入してもらった後、
近くのドトールで1時間ほど時間をつぶしました。
開店時間前に再び行くと、店の前にはたくさんの人たちが集まっています。
目算で20人ほどはいるでしょうか。相変わらずの人出です。
開店時刻と同時に店のドアが開き、順番待ちの名簿を見ながら名前を呼ばれ、
19席の店内はあっという間に埋まりました。

スンドゥブチゲ(柔らかい豆腐のチゲ)の専門店らしく、
メニューのほとんどがスンドゥブチゲで埋められています。
もっともポピュラーなのがチャメスペシャル(980円)。
アサリ、イカ、貝柱などが入ったスンドゥブチゲです。
他にも具ごとにキムチ、きのこ、野菜、アサリ、牡蠣、
蟹、海鮮ミックス、牛、豚、ホルモンのスンドゥブチゲがあります。
サイドメニューはチヂミナクチボックムチャプチェトッポッキ
ビール、焼酎などお酒の販売も行っています。

9日に取材で1度試食したのですが、
そのときよりも辛めに作ってありました。
もう少し辛くするかも、という話がありましたので、
言葉通りオープン前に改良を加えたようです。
ちなみに卵はテーブルに置かれており、自分で割り入れるタイプです。
ごはんは1人前ずつ釜炊き。別の器に移した後、
釜にはオクスス茶(コーン茶)を注ぎヌルンジとして食べます。

気になる味のほうですが、スンドゥブチゲはなかなか本格的です。
新大久保のBCDトーフハウスが1280円で出していることを考えると、
980円ならお得と言えるレベルかもしれません。
溝の口まで行くのはしんどいですが、近くにあったら嬉しい店でしょう。

ただ、一緒に出てくるパンチャン(副菜類)が微妙です。
ここのお店の人たち、基本的に韓国料理のことは詳しくありません。
あくまでもドラマの店。コンセプト通りに働いている人たちなので、
韓国に詳しい必要はないのですが、せめてもう少しなんとか……。
ナムルを甘くする必要はないですし、ムルキムチは汁を飲むキムチです。
具をたっぷり盛って頂いても、それは正しい食べ方ではありません。
せっかくの大混雑なんですから、細かい部分も頑張って欲しいです。

食後には柚子茶(店での呼び名は柚子蜜茶)がサービスで出ます。
これももう少し濃くして頂けると嬉しいかな。
ともかく4度目にして、やっと食べることができました。

過去日記(1):2006年2月9日
過去日記(2):2006年2月23日

店名:チャメ(姉妹)
住所:神奈川県川崎市高津区溝口2-7-18
電話:044-811-6644
(※追記。チャメは2007年5月13日に閉店しました)



2 Responses to 溝の口の「チャメ」で4度目の正直。

  1. 私も、チャメに行ってスンドゥブチゲを食べてきました。
    美味しかったです。
    ちなみに私の方の記事はこちら(↓)です。
    http://yamazawa.sakura.ne.jp/mt/weblog1/archives/2006/08/post_65.html

  2. チャメの記事拝見しました。
    ドラマ終了後も雰囲気は変わりませんね。
    あの商店街を歩いていくところが好きです。

    僕のほうからもトラックバックを送信してみたのですが、
    どうもこちらからも送信ができないようです。
    別の方がトラックバックなさっているようなので、
    設定などの問題ではないと思うのですが……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next