南森町(大阪)「トンサトン」~犬鳴豚のサムギョプサル&済州島直送の塩辛ソース

14071401

新刊の作業が終わって、少し落ち着いてきました。

長らくブログの更新を途絶えさせていると、
さて、書こうと思ったときに、振り返るのがたいへん。
どこまで書いたっけ、と過去記事の一覧に目を走らせれば、
栄州日記を書き終えたところで止まっているんですね。

これがゴールデンウィークの出張報告ですから、
ざっと2ヶ月分の記事を溜め込んだことになります。

鮮度が落ちてしまったものも多々ありますが、
思い入れのある話はなんとか書いていきたいところ。
その第1弾として、まずは5月中旬の大阪出張から。

ある程度、韓国グルメに詳しい人なら、

「トンサトン」

という店名にピンとくるはず。
済州島に本店があり、ソウルにも支店を持つ、
豚焼肉の専門店が今年1月、大阪に進出をしました。

14071402

自慢のひとつが大阪府泉佐野市で生産される、
犬鳴豚(いぬなきぶた)というブランド豚。
写真はバラ肉と肩ロースが盛り合わせになっています。

「済州島の豚じゃないの?」

という疑問の声もあるかもしれませんが、
口蹄疫の影響から韓国産豚肉の輸入は保留になったままです。
また、よく勘違いされることとして、

「済州島の黒豚が食べられると思ったのに!」

というのもあるかもしれませんが、
そもそも本店で使われているのも黒豚じゃありません。
黒豚ではない済州産豚の生肉を使っています。
(2011年4月の済州島本店取材より)

「済州島の豚=黒豚」

の公式が大間違いであるのはコチラでも詳細に書きましたが、
僕が思う、済州島で豚を食べる魅力はむしろコレ。

14071403

そう真ん中のコレ。小さなカップに入った液体が、
済州島から直送されるイワシの塩辛ソースです。

本土でも豚肉をアミの塩辛と食べたりはしますが、
済州島ではそんな塩辛のバリエーションがたいへん豊富。
イワシ意外にも、タチウオだったり、スズメダイだったり、
いろいろな塩辛と豚肉を組み合わせて味わいます。

豚肉が輸入できないので地元のブランド豚を用い、
味の要である塩辛ソースは同じものを現地から直送する。

日本支店たるこだわりは、ここにあると言えましょう。

14071404

焼けた肉をトポンと浸して食べると、うまままままま。

クセのある塩辛の風味と、やや濃いめの塩気とうま味が、
脂の乗った豚肉に絡まって、えも言われぬ味わいになります。
塩辛の香りは多少好みが分かれるかもしれませんが、

「これぞ済州!」

という大事な部分なのでぜひお試しを。

あくまでも僕の感覚ですが、この塩辛ソースの味も、
若干、おとなしめの印象なのでそこまでのクセではないです。

むしろ豚肉自体がジューシーで脂もたっぷり乗っているので、
好きな人には、もっとクセを持たせてもいいかなとも。
ただ、そちら方面に傾けすぎると新規客を遠ざけますので、
好みで微調整ができるならいちばんいいでしょうね。

14071405

ちなみにこれが2011年4月に撮った済州本店の写真。

14071406

本店ではこんな感じのビジュアルになります。

塩辛ソースの部分に注目していただくと、
青唐辛子らしきものが顔を見せていますよね。

14071407

こんな感じでけっこうな青唐辛子が入りますし……。

14071408

焼酎もとぽとぽ入れちゃいます。
この時点でニンニクが入っているのも見えますよね。

あとは豚肉を一緒にふつふつと煮立てればできあがり。
イワシの塩辛、青唐辛子、ニンニク、焼酎のコラボで、
濃厚かつ刺激的なソースができあがるという仕組みです。

韓国で食べるとこれでもけっこう普通ですが、
日本だと、さすがにちょっと刺激的かもしれません。

でも、それこそが済州島の味なんですよねぇ。

14071409

なお、僕らが頼んだのは1人前4000円のBセット。
犬鳴豚にキムチチゲ(キムチ鍋、김치찌개)が加わり……。

14071410

最後に柚子シャーベットが出てきます。

トータルで見ると、いい肉を使っているぶんややお高め。
地元の犬鳴豚意外にも、少しお安い国産豚も用意があるので、
大阪にこだわらなければ、そちらでもいいかもしれません。

あとは特記事項として、お店のママめっちゃ美人です。

特記事項2は、店内に掲げられた本店社長の写真脇に、
僕の書いた「るるぶ済州島」の取材記事も貼られていること。
今年3月に改訂版が出ましたので済州島に行かれる方はぜひ。
改訂版にもしっかり「トンサトン」が掲載されています。

店名:トンサトン
住所:大阪府大阪市北区天神橋1-20-3
電話:06-6882-6030
http://www.tonsaton.com/

店名:トンサトン(済州本店)
住所:済州道済州市広坪東路15(老衡洞2470)
電話:064-746-8989

<過去の関連記事>
関西方面のオススメ韓国料理記事一覧
済州道のオススメ韓国料理記事一覧

※商品へのリンクはamazonアソシエイトリンクが使用されています。

 

→韓食生活のトップページに戻る

→最新記事の一覧を見る

この記事のタグ:



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next