グルメツアー「まんぷくツアー特別篇!全羅南道4日間(三進トラベル)」
Close
詳細
次回イベントまで

新宿三丁目「イドンカルビ」でサムギョプサル。

08110201.jpg

新宿三丁目にある某会社にお邪魔をした後、
社長さん、取締役さんに食事をご馳走になりました。
なんでも社員食堂のように利用しているお店だとか。
店の名前だけは聞いておりましたが、足を運ぶのは始めてです。

新大久保、歌舞伎町、西新宿ぐらいまではウロウロしても、
新宿三丁目、新宿御苑まではなかなか行かないんですよね。
とはいえここもやはり新宿エリア。韓国料理店は多いです。
行こうと思いつつ、ピックアップしている店はありますが、
なかなか行くチャンスがありません。ここもそんな店のひとつ。

店名の「イドン」は漢字で「二東」と書いてカルビで有名な土地。
また、マッコルリ(韓国式のどぶろく)の一大生産地でもあり、
いまの日本では「二東マッコルリ」のほうが有名かもしれません。
いつかは足を運ぼうと思っている土地なんですけどね。

その「二東」を冠した店だけに、カルビが名物……と思いきや、

「ここに来るといっつもサムギョプサルです!」

と社長さん。
豚肉はもちろん大好きですが、やや肩透かしをくらった気分も。
とはいえ、出てきたサムギョプサル(豚バラ肉の焼肉)はなかなか見事でしたね。

肉の厚さもさることながら、焼き板が金に光っていますよ!

写真だとわかりにくいのが非常に残念ですが、
実際に見ると、その金ピカ具合に驚きます。
といっても純金の色ではなく、真鍮の鈍い金色。
それでも焼肉に使うというのは、なんとも贅沢ですよね。

08110202.jpg

そのサムギョプサルをサンチュに包んで頬張りつつ、
テーブルに並べられた、パンチャン(副菜)にもうひと驚き。
最近はどの店でも、減らす傾向にあるパンチャンを……。

08110203.jpg

これだけ出してくれるのは、韓国らしくていいですね。

ランチはいくらかその量が少なくなるそうですが、
それでも他店に比べれば充分な量が出てくるとのこと。
社員食堂化しているのは、そのあたりにも理由があるようです。

08110204.jpg

しばらくサムギョプサルをおかわりしていましたが、
最初の下心を見透かされたかのように、牛肉へとも移行。
骨にぐるぐる巻きつけたカルビなんていつ以来でしょうか。
いやはや幸せ。ご馳走して頂いた社長さんに感謝です。

08110205.jpg

シメはこの店の名物でもあるというウゴジタン
白菜の外葉をとろとろになるまで煮込んだ味噌味のチゲです。
ランチでよく食べる定番メニューでもあるとか。
後ろのごはんとサイズを比べればわかるかと思いますが、
1人前のボリュームもずいぶんとたっぷりでした。

といった感じに豚肉、牛肉を韓国的に楽しんだ一夜。
新宿三丁目、御苑前付近ももっと探索の必要がありますかね。
オフィス街だけに、ランチでもいろいろ楽しめそうです。

店名:イドンカルビ
住所:東京都新宿区新宿5-12-2
電話:03-3351-2057
営業:11:30~23:30
定休:第2、4日曜日



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next