湯島「元祖ブデチゲ」でプデチゲ&キムチマンドゥ。

08032701.jpg

ソーセージやランチョンミート(スパム)をどっさり入れ、
インスタントラーメンやスライスチーズも加えた無国籍な鍋料理。
韓国料理としてはかなり破天荒な料理であるはずですが、
なぜこのプデチゲという料理はこんなにも美味しいのでしょう。
僕のような加工肉好きには、たまらない味わいなのです。

ただ、料理としては個性的な食材チョイスとなりますが、
特に揃えにくいものがあるわけでなし、けっこう簡単に作れます。
ソーセージ買ってきて、ランチョンミートの缶詰を開けて、
辛ラーメンの袋をびびっと破いて、ほいほい乗せるだけですからね。

近年は韓国家庭料理店の定番となった感もありますが、
そのぶん安易な作り方の店も多く、残念に思ったりもします。

「美味しいプデチゲは意外に少ないんですよ!」

ということを声高に主張したい一品。
簡単に見える料理ほど奥が深い、というのは至言です。

本場である韓国に行けば、専門店も数多くありますが、
日本ではどうしても家庭料理のひとつというポジションですね。
湯島にあるこちらは、プデチゲをメイン料理として出している、
都内でも数少ない専門店として知られております。
韓国に行かず、手軽に都内でプデチゲをという方には、
まずいちばんにおすすめしている店でもあります。

この日は某社の編集者さん2人と作戦会議兼飲み会。
もろもろ企画を立てているとき、というのがいちばん楽しいですね。
あれやこれやと話を脱線させつつ構想を膨らませます。

08032702.jpg

鍋が煮えるまでの間にキムチマンドゥをつついたり。
刻んだ白菜キムチを具とした韓国式の餃子です。

08032703.jpg

牛骨スープに粉唐辛子やタデギ(唐辛子ペースト)が溶け、
全体が真っ赤なぐつぐつ状態になったらできあがり。

熱が加わってぷっくりふくれたソーセージや、
辛いスープをたっぷり吸い込んだランチョンミートなど。
思い思いの具をつつきつつ、インスタントラーメンもすすります。
底のほうに沈んだ、牛ひき肉なんかも待望の具ですね。

こうして書くとジャンクな料理にも思えてしまいますが、
食べてみると意外にも韓国料理としてまとまっています。

そういえばかつて師団チゲなんてのをお遊びで作りましたね。
プデチゲの具をむちゃくちゃに増やして、闇鍋化させたものですが、
どんな食材を入れても、きちんと韓国的な味わいになりました。
韓国の辛いスープはけっこうなんでも受け止められるようです。

08032704.jpg

ちなみにコチラの店では、残ったスープが非常に重要。
全部飲みきってしまうと、後のお楽しみが実践できません。
仕上げとして注文すべきは「炒めメシ」というメニュー。
そのものズバリなネーミングですが、これが意外に秀逸です。

残ったスープにごはんを入れて炒めるのはどこでもやりますが、
ここでは冷凍したサラサラごはんを、ごく少量のスープに投入。
大量のゴマ油を投入し、溶き卵、海苔なども加えて炒めたのち、
鍋肌に薄く薄く、貼り付けるようにして伸ばしていきます。

ゴマ油がごはんの表面でぷちぷちと沸騰して弾け、
表面がカリッとなったら、火を止めて10分少々そのまま放置。
ちょっと韓国に慣れた人だったら、その時点でスプーンを繰り出し、
ガリガリとこそげながら食べるところですが、この店では厳禁です。

08032705.jpg

お店の人からのおゆるしが出るまでひたすらに我慢。
あら熱が取れるまで待つと、ごはんがはがしやすくなるのだそうです。
店の人がガリガリはがしてくれると中央には絶品のカリカリチャーハン。
中華のチャーハンともまた違う、カリカリパラパラの食感を楽しめます。
もちろん韓国でよく見る、おじやとチャーハンの中間とも違います。

メニューを見ると、炒めメシの値段はけっこう高いんですけどね。
ここまでが一連の料理だと思って、ぜひ頼んでみてください。

ただしこの技術、韓国料理としてはかなり特殊であるため、
お店の人でもカンペキにこなせる人は少ないようです。
やはりいちばん上手なのは、この作り方を開発した店のママさん。
おそらく最初に残すスープの量がカギなのではと思いますが、
他の方がやると、どうしてもわずかにカリカリ加減が減ってしまいます。

韓国ではたいていもっとスープを残した感じに作っているので、
どうしても気持ちにブレーキがかかってしまうのかもしれませんね。
ママさんがいたら、よりラッキーと思って注文してみてください。

と、ここまで書いて過去記事を見たら同じことを書いていました。
そろそろ自分で作れるようになったほうがいいのかもしれませんね。
何度も通って技術を習得し、自分でやります! といえたらカッコいいかも。
店側から見れば、うっとうしいだけの客でしょうけどね。

店名:元祖ブデチゲ
住所:東京都文京区湯島3-38-11第2みよしビル1階
電話:03-3834-4563
営業:11:30~14:30、17:00~翌2:00(月~金)、12:00~14:30、17:00~翌2:00(土)
定休:日曜日、祝日
http://www.budechige.jp

<過去の関連日記>
(01月13日)湯島「元祖ブデチゲ」で本格議政府プデチゲ。
(08月22日)湯島「元祖ブデチゲ」でプデチゲ&炒めメシ。

※この店は『東京 本気の韓国料理店』のP95にも紹介されています。



5 Responses to 湯島「元祖ブデチゲ」でプデチゲ&キムチマンドゥ。

  1. Horangi

    師団チゲから3年も経ってたんだ。なんとまぁ(以下略)。
    もうなかなか出来ないねぇ。

  2. テジカルビ

    師団チゲにマロニーちゃん持っていったのは、当方です!本当に懐かしいですねェ~♪

  3. >Horangiさん
    3年前にもなるんですねぇ。
    つい先日のことにも思えますが。
    またアホ企画で楽しみたいですね。

    >テジカルビさん
    マロニーちゃんはヒットでしたね。
    東京の果てながら盛り上がった会でした。
    確かに懐かしいですねー。

  4. ハイリホー

    さすがは八田さん、その道のプロですね。
    議政府に行く前にしっかりと味のチェックをするとは。
    先日の興味深いお話を聞き、
    ますます、『オデン食堂』へ行ってみたくなりました。

  5. >ハイリホーさん
    先方の希望だったので僕の意図ではなかったんですけどね。
    でも食べておいたおかげで、よい比較ができました。
    議政府で食べると、やっぱり熱気が伝わってきていいですよ。
    ぜひ機会があったら本場にも足を運んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next