韓国から来てすぐさま通り抜けた嵐の考察 ~大雪への心配をしながら

15061607

 栄州(ヨンジュ)の友人から連絡が来まして、

「明後日、日本に行くから!」

 ということでした。その明後日というのが今日です。

 僕はかつてブログで「韓国から来る嵐の考察」という体験談を書きましたが、たいていこういった連絡は直前にきます。そして慌てる。

 というのも僕は今日、ハンバンスタイル協会主催のセミナーに出席するため、到着されたところで時間を作れません。どうすべきかいろいろな対策が頭の中を駆け巡りますが、よくよく話を聞いてみると遊びに来るのではなく団体での出張。個人的な時間もあまりないようで、

「仕事が終わった後にでも夜通し飲もうぜ!」

 ということで話がまとまりました。

 まあ、明日は日曜日ですから夜通し飲んでも問題はないのですが、日本全土を覆い尽くそうとしている大雪への心配はどうしましょうかね。雪の降り方によってはたいへんな土日になるとの覚悟を決めます。

 そして、つい先ほど。

「無事、羽田に着いたよ! でも今夜のホテルが新宿じゃなかった!」

 という連絡が来ました。スケジュールを見たら、しばらく東京観光をした後、新幹線に乗って高崎まで行くということになっていたらしいです。なぜそれに着いてから気付くのか。

 ということで今夜、大雪と戦いながら夜通し飲む必要はなくなりました。いい感じに肩から力が抜けましたので、これから頑張ってセミナーに臨みたいと思います。ご参加予定のみなさま、くれぐれも雪への警戒を充分になさってください。

 

→韓食生活のトップページに戻る

→最新記事の一覧を見る

この記事のタグ:



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next