新刊『食の日韓論 ボクらは同じものを食べている』は本日発売!

16011401br

 本日、1月22日(金)発売です。

 僕のところにも出版社に注文したぶんがどっさり届きました。しばらくは持ち歩いて手売りもしたいと思います。よかったらお声かけください。

16012301br

 パラパラめくっていると去年1年間の仕事が思い返されます。

 日韓のスーパーを売場のスミからスミまで回って互いの国の食文化がどれだけ浸透しているのかを調べたり……。

16012302br

 これまで強烈な甘さが苦手でできるだけ避けていた韓国のそばを食べに行ったり。

 そばのみならず、うどんを食べたり、とんかつを食べたり、焼きとりを食べたり、韓国にいながらも日本料理ばかり食べていた1年だったように思います。

16012303br

 さりげなくコラムには「我らが栄州(ヨンジュ)」も登場しています。

 本来ならもっと大きく、どどんと載せたいところではありましたが、話の筋から考えるとどうしても本流ではなく。「日韓交流食日記」というコラムで、名産であるふじリンゴのアップルパイを紹介してみました。

 昨日配本なので早いところでは本日から書店にも並んでいると思います。もし店頭に見当たらなかったら店員さんに尋ねてみてください。まだ品出し前でバックヤードに置かれていることもあります。

 ぜひ探してみてください。たくさんの方に読んでいただけることを願っております!

 食の日韓論 ボクらは同じものを食べている(Amazon)
 食の日韓論 ボクらは同じものを食べている(楽天)
 食の日韓論 ボクらは同じものを食べている(ヨドバシ)

<目次>
第1章 日韓のスーパーに見る交流事情
〈1〉1999年の韓国暮らしと僕の日本食ライフ
〈2〉劇的進化! 韓国スーパーの日本料理事情
〈3〉発展途上!? 日本スーパーの韓国料理事情

第2章 韓国の生産現場で成長する〝つながり〟
〈1〉日本人が知らずに口にしている韓国産食材
〈2〉莞島アワビの養殖場で体感した〝韓国産〟への信頼
〈3〉康津のパプリカ農場で〝韓国産〟の価値を知る

第3章 韓国で郷土料理化した日本食は歴史遺産か?
〈1〉光州のユビキとソバから国家と市民を考える
〈2〉歴史とは別次元で受容された日本食の名残を追う
〈3〉新アイデアで磨かれた仁川の日本食文化

第4章 和食の最先端に国境はなかった
〈1〉韓国のとんかつに意地と進化と知恵を見た!
〈2〉ホテルの高級日本料理から韓国の精神性を読解する
〈3〉こんなにも親しまれている日本の外食店
〈4〉新世代の台頭で深まる食の交流

第5章 冷麺には未来があった
〈1〉本場の冷麺が食べられれば、謎は解けるか?
〈2〉初めての北朝鮮で打ち砕かれた食の常識
〈3〉冷麺がつなぐ日韓朝のストーリー

 

<お知らせ>
1月22日(金)に新刊が発売になります。『食の日韓論 ボクらは同じものを食べている』(三五館)。全体としては日韓の未来を考察するものですが、話のひとつひとつはグルメルポや地方の旅エッセイの形を取っています。詳細はコチラAmazonなどでも予約受付が始まっています。

 

<お知らせ2>
2月13~15日(土~月)の第3回「ぐるぐるグルメ感謝ツアー(韓国南部)」は、女優の黒田福美さんと八田靖史のふたりがプロデュースし、全日程に同行する2泊3日の旅です。詳細は直前まで内緒というミステリーツアーですが、見るもの、食べるものには極限までこだわっています。どちらも寒い時期ではありますが、熱の込もった企画で特別な旅行にしたいと思っています。

 

<お知らせ3>
慶尚北道広報大使の執筆した観光小冊子「GB-Story Vol.1」は前編を以下よりダウンロードできます。慶尚北道旅行の参考にぜひご利用ください。
https://www.kansyoku-life.com/15120501gb.zip

<八田靖史プロフィール・既刊著書一覧>
https://www.kansyoku-life.com/profile

<最近のお仕事>
新宿区新聞』(コメント提供)
新宿区新聞社/定期購読/2015.1.1
のりこえねっと』(番組出演)
のりこえねっと/無料/2015.2.23
 ※上記リンクより全編を視聴できます。
るるぶ韓国 ソウル・釜山・済州島’16
JTBパブリッシング/1026円/2015.3.6
『パンと菓子の専門誌B&C 2015年3、4月号』(原稿執筆)
パンニュース社/年間購読料9,810円(6回、送料、消費税込み)/2015.3.15
「常識覆した咸興の冷麺 北朝鮮の味語る八田さん」(コメント、写真提供)
共同通信社/配信記事/2015.5.31
ラジオ深夜便 ないとエッセー」(出演)
NHKラジオ第一/無料/2015.6.22~25
丸大スンドゥブ5,000円プレゼントキャンペーン」(番組出演)
丸大食品/無料/2015.8.1
韓国語学習ジャーナルhana Vol. 09』(原稿執筆)
hana/1490円/2015.9.1
日経おとなのOFF 2015年10月号』(原稿執筆)
日経BP社/780円/2015.9.5
るるぶソウル’16』(原稿執筆)
JTBパブリッシング/1080円/2015.9.9

<日々のお仕事>
aTセンター』(「K-FOODコラム」執筆)
→最新記事「18. サワラの刺身という産地の贅沢」 ←2015.12.18UP
ぐるなび目利きシリーズ ippin(イッピン)』(コラム執筆)
→最新記事「韓流スターが認めた味!新大久保で予約必須の韓国家庭料理弁当」 ←2015.12.18UP
韓国語学習ジャーナルhana Vol. 11
』(FOOD連載)
→最新記事「Vol.11 フルーツ味」 ←2015.12.25発売
地球の歩き方 旅いさら』(「旅コラム」執筆)
→最新記事「韓国でカラスを見ない理由 ~竹林浴とスンドゥブチゲを楽しみながら」 ←2016.1.19UP
innolife.net』(「コラムニストと共にする料理紀行」執筆)
→最新記事「チャンオグイ(金海)」 ←2014.12.3UP

<イベント&オフ会情報>
1月23日(土)セミナー「地方の美味しい韓方 ~郷土料理との密なる関係」 ←募集中
 ※主催:ハンバンスタイル協会
1月28~31日(木~土)グルメツアー「とことん韓食!冬の味覚とマッコリ in ソウル」 ←催行中止
 ※受託販売:KJナビツアーズ ※企画・協力:ソウル観光公社
2月13~15日(土~月)第3回「ぐるぐるグルメ感謝ツアー(韓国南部)」 ←募集中 ←NEW
 ※受託販売:三進トラベル
2月20日(土)セミナー「韓国料理の健康思想と、食する韓方(ハンバン)」 ←募集中 ←NEW
 ※主催:ハンバンスタイル協会
 ※名古屋開催!
3月5日(土)第2回 八田式「世界一オモシロ美味しい韓国語講座」 ←1月21日募集開始 ←NEW
 ※主催:八田式ハングル事務局
3月22日(火):講座「春の韓国料理を味わう 春のキムチと野草・山菜を中心に」 ←募集中
 ※主催:朝日カルチャーセンター横浜教室

※商品へのリンクはamazonアソシエイトリンクが使用されています。

 

→韓食生活のトップページに戻る

→最新記事の一覧を見る

この記事のタグ:



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next