9月19日から仁川でアジア大会が始まるので便乗して仁川料理の紹介をします。

14090301

 日本における盛り上がりはまだ皆無に等しいと思いますが、仁川でのアジア大会まであと2週間ほどとなりました。

 9月19日(金)から10月4日(土)までの16日間。

 9月の声を聞いたことで、ようやく火がついてきたのか、僕の身の回りでも、慌ただしさが伝わってくるようになりました。

 そりゃそうですよね。

 来週は秋夕の連休(7~9日)ですから、事実上もう準備のデッドライン。どう考えても無茶なスケジュールでも、最後の最後でスパートをかけてなんとか帳尻を合わせる、韓国人の本領発揮が見られる頃です。関係者というか、現場の皆様はてんてこ舞いかと思いますが、無事の開催と、派手な盛り上がりを期待したいと思います。

 とりあえずこの記事は、

「仁川でアジア大会をやりますよ!」

 というお知らせなのですが、それとともに友人がある広報に携わっており、

航空券と開会式のチケットがもらえますよ!

 というお得情報も併せてお伝えします。高麗人参ブランドの正官庄が、日本語のFacebookページをオープンさせた記念としてのイベント。「○×クイズに答えて、アジア大会を観に行こう!」ということで、9月19日(金)に韓国へ飛べる人はチェックしてみてください。応募期間は9月10日(水)までです。

正官庄フェイスブックページ
https://www.facebook.com/kgcjapan
正官庄フェイスブックオープン記念, OXクイズに答えて、アジア大会を観に韓国へ行こう!
https://present.crocos.jp/95258

14090302

 さて、それではそんな仁川における名物料理ですが、新刊『八田靖史と韓国全土で味わう 絶品!ぶっちぎり108料理』にも6種類の料理が掲載されています。

・ペンデンイフェムチム(ツマリエツの刺身和え、밴댕이회무침)
・サムチグイ(サワラの焼き魚、삼치구이)
・ムルトムボン(アンコウ、물텀벙)
・チョックッカルビ(豚カルビの塩辛鍋、젓국갈비)
・コッケタン(ワタリガニ鍋、꽃게탕)
・コンガルパン(中国パン、공갈빵)

 これらはについては新刊を読んでください。また、すぐ上の写真は……。

・ヘムルタン(海鮮鍋、해물탕)

 ですが、これは昨日発売の『韓国語学習ジャーナルhana Vol. 03』に記事を書きました。これもそちらを読んでください。

 ということで、もはやアジア大会の宣伝なのか、自分の宣伝なのかわかりませんが、以下にもまだまだ語れるほど仁川は美味しいものが多い! という点だけは真面目に強調しておこうと思います。

14090303

 さて、仁川といえばまずはコチラ。

・チャジャンミョン(ジャージャー麺、짜장면)

 19世紀後半、1883年の仁川港開港を皮切りにとして日本や中国(清)から大勢の外国人が渡ってきました。そのため現在も仁川には古い日本の建物や、韓国でいちばん大きな中華街が残っています。そんな仁川に伝えられて、独自の変化を遂げつつ、国民食にまでのし上がったのがチャジャンミョン。

 仁川の中華街には「チャジャンミョン博物館」もあります。

14090304

 同じく麺料理から……。

・パジラッカルグクス(アサリうどん、바지락칼국수)

 仁川といえば空港のある町としても有名ですが、その空港が永宗島(ヨンジョンド)という島にあるのは、ついつい忘れがちな事実です。空港の裏手に回ってみると、昔ながらの港町が広がっており、そこの名物がこのパジラッカルグクス。

 洗面器のようなどでかい器に、たっぷりの麺と、たっぷりの魚介が入っています。

 名前はアサリうどんでも、ハマグリ、シオフキ、ムール貝、干しダラ、ワタリガニなどなど。食べ終えた後は卓上の殻入れが、さながら貝塚のようになっていること間違いなしです。

14090305

 さらに麺料理から、東仁川駅近くの花平洞名物……。

・セスッテヤネンミョン(洗面器冷麺、세숫대야냉면)

 仁川の人って洗面器が好きなんですかね。これまたどでかい器の冷麺で、ゆで卵がウズラの卵のように見えます。

 ヨルムキムチ(葉大根のキムチ、열무김치)の汁をベースとしたスープに、甘辛い薬味ダレをどろっとかけ、全体に溶いて食べるというスタイル。正直、味よりも尋常じゃないボリューム感と、にもかかわらず1杯5000ウォンという安さで話題を集める冷麺ですが、間違いなく話のタネにはなります。

14090306

・タッカンジョン(鶏肉の蜜揚げ、닭강정)

 花平洞の洗面器冷麺ストリートから少し歩くと、新浦市場(シンポシジャン)。ちょうど中華街の裏手といった位置にあり、古くから日本人、中国人の訪れる国際的な市場でした。

 揚げた鶏肉に甘辛い蜜を絡めたタッカンジョンがこの市場の名物。揚げたてをその場でも食べられますし、テイクアウトをして帰る地元の方も多く見かけます。

 ほかにもこの市場は、色とりどりのマンドゥ(中華まん、만두)があったり、中国式のレトロなホットク(お焼き、호떡)があったりと、グルメ派には目移りするようなB級料理天国。そんな市場のどん詰まりには……。

14090307

 全国にまたがる粉食チェーン「シンポウリマンドゥ」の1号店があったりもします。そして、この店が全国に広めた料理のひとつが……。

・チョルミョン(冷やしサラダ麺、쫄면)

 今では夏の定番料理となりましたが、もとをたどれば仁川で、とある失敗から生まれた料理でした。

 冷麺の麺を作ろうとした製麺工場の社員さんが、うっかり機械の口径を間違え、普段よりも太い麺ができてしまったのがそもそもの始まり。捨てるのももったいないので、近所にある粉食店に持ち込んだところ、それを店の人が上手に料理してチョルミョンになったそうです。

 料理の世界には、ままこうした逸話がありますよね。

14090308

・チュオタン(ドジョウ汁、추어탕)

 この料理も韓国全土にありますが、地域によっていろいろな姿をしているのが面白さです。

 仁川の雲宴洞(ウニョンドン)では、写真のようなチュオタンを出しており、カセットコンロで煮込みながら味わいます。鍋の中にはすりつぶしたドジョウのほか、ジャガイモ、韓国カボチャ、素麺、すいとんまでもが入ってボリュームたっぷり。そこへごはんまでつくのですから、それはもう極限まで満腹になります。

14090309

 仁川市内には江華島(カンファド)も含まれます。

・チャンオグイ(장어구이、ウナギ焼き)

 下焼きしたウナギを卓上で焼き、タレに浸してもう1度焼くのが江華島式とか。ほどよく脂が落ちて、しつこさなく味わえるというのが魅力です。

 江華島は今年の2月に黒田福美さんと三進トラベルのツアーで行きましたが、この島だけみても本当に美味しいものがたくさん。詳しくは前編中編後編の各後記を見ていただければと思いますが、見どころもグルメも充実した旅でした。

 そうそう、せっかくなので募集中の宣伝も。

 三進トラベルのグルメツアーは、11月2~5日、8~11日に次を予定。目的地は慶尚北道が中心です。好評につき追加日程が出るほどで、どちらもすでに20名前後のお申込みをいただいております。

八田靖史と行く慶尚北道まんぷくツアー4日間(三進トラベル)
https://www.kansyoku-life.com/calendars/manpuku006

14090310

 江華島から、さらに離島である席毛島(ソンモド)に行くと……。

・セウティギム(エビの天ぷら、새우튀김)

 が名物となっています。普門寺(ポムンサ)という磨崖仏で有名なお寺があるのですが、その参道に屋台が出ており、揚げたてを販売しています。日本式のエビ天と違って、エビをすり身にしているのと、細かく砕いた乾燥エビを加えているのが特徴。独特の香ばしさを味わえます。

 ……といった感じで、いくらでも語っていけるのが仁川の料理ですが、この先はぜひアジア大会ついでにご自身で確認をしてください! というのがベタなまとめですかね。

 会期内に僕も韓国出張を予定しているので(ただしツアーの下見なので目的地は慶尚北道ですが)、余裕があれば雰囲気だけでも体感してきたいと思います。

「仁川でアジア大会をやりますよ!」
航空券と開会式のチケットがもらえますよ!

 というお知らせとともに、

「仁川の料理は美味しいですよ!」

 というのを最後にいちばん大きな声でお伝え。ソウルからでも、地下鉄で行けるんだから、行かなきゃもったいないです。

※商品へのリンクはamazonアソシエイトリンクが使用されています。

 

→韓食生活のトップページに戻る

→最新記事の一覧を見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next