自宅用手抜きヤンニョムチキンを追い求めて。

12081201.jpg

最近、スーパーに行くとよく見かけるのが、
このモランボンから出ているヤンニョムチキンの素。
から揚げに絡めるだけで手軽に楽しめるのがウリです。

12081202.jpg

裏面を見ると使い方が書かれており……。

1、揚げ油を170℃に熱し、下ごしらえした鶏肉を揚げます。
2、から揚げが熱いうちに本品をまんべんなくからめてできあがり。

と至ってシンプルですね。

ただ、この暑い時期に揚げ物と立ち向かうといのは、
その後の極楽(ビールグビグビプハー)を考えてもやや躊躇するところ。
もっと簡単に楽しむ方法はないかということで……。

12081203.jpg

冷凍庫に眠っていた、市販のから揚げを使うことにしました。

作り方を見ると、電子レンジ調理などもできるようですが、
とりあえずオーブントースターで表面をカリッとさせてみます。

12081204.jpg

熱が通ったら、熱いうちにタレと絡めて……。

12081205.jpg

出来上がり!

ようし、これなら簡単に楽しめますね、と喜んだのですが、
実際に食べてみると……。

「しょっぱ!」

というのが感想のすべて。
まあ、そりゃそうです。市販のから揚げは味がついているので、
その上から、ヤンニョムチキンのタレをかけたら塩分が濃いのは当たり前。

一応、タレのほうを控えめにしたつもりでしたが、
ちょっとたくさんは食べにくい濃さになってしまいました。

むむむ……。

というところで考えたのがこんな感じ。

・手間はかけたくない(自分で揚げない)
 ↓
・市販のから揚げを使うと味が濃い
 ↓
・味なしの鶏から揚げが必要
 ↓
・そんなのあるのか(特注?)
 ↓
・じゃあ、代替品を探そう

12081206.jpg

出た結論がコレ。

鶏の揚げ物で、味付けがなされていないものから、
チキンカツと、チキンナゲットの2種をチョイスしました。

チキンカツならスーパーの総菜コーナーで買えますし、
ソースをかけて食べるものなので、味付けは基本的な下味のみ。
チキンナゲットも、同様にソースをつけて食べるもので、
かつこちらも、から揚げ同様に市販品が充実しています。

で、食べてみた感想。

<チキンカツの場合>
・衣にタレが染みてソースカツのようになる
・パン粉の食感を除けば、雰囲気はヤンニョムチキンに近い
・もう少し肉汁のジューシーさが欲しい
・衣がはがれやすく、はがれるとただの鶏肉に戻る

<チキンナゲットの場合>
・衣に独特の甘さがあって味がぶつかる
・衣の部分がタレを吸ってしなしなになる
・ヤンニョムチキンらしさからはほど遠い
・バーベキューソースの亜種と考えれば可能性はあるかも

両者を比べた感じでは、チキンカツのほうに軍配。
ヤンニョムチキンそのものではないですが、近い感じにはなります。
あえてオススメはしませんが、自分ではまたやるかも、というぐらいです。

物好きな方は、ぜひ試してみてください。



5 Responses to 自宅用手抜きヤンニョムチキンを追い求めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next