西日暮里「DELI ROTI」日本直営1号店誕生。

12021201.jpg

ブログのコメント欄にオープンの情報を頂いておきながら、
なかなか足を運べなかったのですが、ようやく念願がかないました。
韓国好きならば、このビジュアルにぐっとくる人は多いはず。

というようなことを、実は2009年10月にも書きましたね。

カリカリとしたコーヒー風味の生地と、中に入った塩気の強いバター。
その組み合わせが何よりの特徴である「韓国で人気の」パンです。

というところで、一応の補足を入れておきたいと思いますが、
「韓国で人気のパン」ではあるものの、「韓国生まれのパン」ではありません。
そのややこしい発祥由来については、まだ僕もわからないことが多いですが、
マレーシアやシンガポールを中心とするアジアで広まったパンのひとつ。

韓国では2007年頃から店が増え始めて専門チェーンが乱立。

それが日本人観光客にも波及したことで韓国好きにとっては、
韓国で食べた「あのパン」ということになっております。

そのあたりの経緯は、下記の記事をご参照ください。
コメント欄にも詳しい方からもいろいろな情報を寄せて頂いたことで、
「このパン」について、ひと通りの理解ができるようになっています。

新宿「サンピエロ新宿店」でデリロティ購入。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1028.html

そして、上記記事の時点では購入場所が「サンピエロ」でしたが、
このほど僕が訪れたのは、昨年12月に誕生した直営日本1号店。

また、海外初店舗ということにもなるんですかね。

アジア各国で展開する有名チェーンがほかにもありますが、
こちらの「DELI ROTI」は、韓国で誕生した新たなチェーンです。

12021202.jpg

早速、店内で頂ていきました。

わかりにくいかもしれませんが、中が空洞になっており、
黄色く見えるのが、たっぷりと入ったバターです。

ああ、これこれ。これが食べたかった! というのが素直な本音。

ちなみに1個200円。ドリンクとのセットで350円。
ドリンクはコーヒー系を中心に、韓国の伝統茶も用意されています。
せっかくなので僕は柚子茶をチョイスしてみました。

12021203.jpg

店内で手作りしているのがウリです。
キッチンの中には、熟成中と見られる生地がたくさん見えました。
コーヒークリームをうずまき状に載せて焼いたらできあがり。

あまり広くない店舗なので、テイクアウトが主になりますが、
テーブル10席、カウンター4席あって、食べてもいけます。

12021204.jpg

店の外観はこんな感じ。

西日暮里駅を出て不忍通り方面(山手線の内側)に進み、
道灌山下の交差点にぶつかったら、すぐ右手に店があります。
まだネットを検索しても、ほとんど情報は出てきませんが、
僕がいる間にも、

「7個ください!」

というお客さんが来るなど、地元では定着しつつある様子。
お土産や、差し入れなどにはちょうどいいかもしれませんね。
なお、お店には店員さんひとりだったので、大量に購入する場合は、
事前に予約しておくほうがベターではないかと思います。

ちなみに2号店が早くも準備中で、場所は尾山台になるとのこと。
ぜひあちこちに作って気軽に食べられるようにして欲しいですね。

店名:DELI ROTI
住所:東京都文京区千駄木3-49-1
電話:03-5834-7558
営業:10:30~19:00
定休:なし
http://www.deliroti.com/(韓国語)



6 Responses to 西日暮里「DELI ROTI」日本直営1号店誕生。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next