東上野「四季の里2号店」でテジカルビチム&タットリタン。

11110801.jpg

浅草の「四季の里」が上野に2号店をオープン。
お店の方から連絡を受けて、初日に足を運んできました。
もう先週の話ですが、11月3日のことです。

「オープニングパーティとかするんですか?」

と尋ねたところ、

「いや、普通にランチから営業するよ」

との答え。

華々しく2号店がオープン! というよりは、
座席がいくつか増えたぐらいの感覚なのかもしれません。
初日なので常連さんも集まるものかと思いましたが、
それもまた、

「連絡してないよ。八田がブログに書けば伝わるでしょ」

とのこと。

なにやら流れですごいことを任命されてしまいましたが、
一応は責任を持って、常連の皆様に伝達したいと思います。

「みなさん、四季の里の2号店が上野にオープンしましたよ!」

もうオープンから5日ほどが経過してしまいましたけどね。
これで責任が果たせているのか、自分でも非果てしなく疑問です。

11110810.jpg

ちなみに場所は、もとこんなお店があった場所。
2007年にほぼ同位置から撮った写真がありました。

「キムチ横町」と呼ばれる東上野のコリアンタウン。
その角にあった「焼肉ととり」が「四季の里」になりました。
それにしても、すごい立地に飛び込んできましたね。

周囲には何十年も続いているレトロな焼肉店がずらり。

それでも「四季の里」のイメージを考えると、
意外にしっくりくるのではとも思えます。

11110802.jpg

出てくる料理は基本的に浅草と同様。
キムチやナムルなどのパンチャン(副菜)が出て……。

11110803.jpg

名物の砂肝炒めもしっかりあります。

11110805.jpg

これらを肴に生マッコリが飲めるのは嬉しい限り。
「天地水純生マッコリ」が用意されていました。

11110804.jpg

こちらは初めて見るメニュー。

ランチ用に仕込んだテジカルビチム(豚カルビの煮込み)です。
骨まわりにしっかり肉がついていて、脂の乗りも、甘い味付けも絶妙。
食べた瞬間から、

「これはごはんに合う!」

と思える味わいでした。
下のほうに沈んでいる大根もいい味でしたね。

ただ、ランチ用ということなので常時あるかは不明。
どうしてもの方は事前に確認することをおすすめします。

11110806.jpg

看板料理のタットリタン(鶏肉と野菜の鍋)も注文。
コクとスパイシーさの同居する、まあ見事なタットリタンです。

11110807.jpg

シメにはラーメンをチョイス。

スープを減らし、茹でた麺を投入すると焼きそば状になります。
タットリタンの甘味、旨味、辛味がまとわりついていい感じ。

11110808.jpg

そして、テジカルビチムの残った汁にはごはんを投入。

「ごはんに合う!」

との予想通りでしたね。
満腹なのについ手が伸びてしまう味でした。

11110809.jpg

最後に開店祝いの餅をサービスで頂きました。
これがなければ本当に普段の飲み会と変わりませんでしたね。
一応の開店気分が、この餅に込められていたようです。

なお、お父さん、お母さんは当面、上野と浅草を行ったり来たりする模様。
娘さん一家と一緒に、2つの店を切り盛りしていくそうです。

店名:四季の里2号店
住所:東京都台東区上野2-15-6
電話:03-3837-0399
営業:11:00~15:00、17:00~23:00
定休:月曜

※追記(11月10日)
お店の住所を修正しました。
ご指摘頂いた方、ありがとうございます。
ってかもらった名刺の住所が違うじゃんよ!
お店の方にも伝えておきます。


※追記2(12月4日)
営業時間と定休日を変更しました。



12 Responses to 東上野「四季の里2号店」でテジカルビチム&タットリタン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next