渋谷「渋谷肉横丁」でデビルチキン。

10101601.jpg

昨日の記事から続きます。

渋谷にオープンした肉料理専門店の融合体。
昭和の雰囲気漂う「渋谷肉横丁」でその楽しさを知った我らは、
出前でいろいろ楽しんだ後、2軒目へと移動しました。

16店舗の中では唯一という、バースタイルの店。
窓に面したカウンター席からは、渋谷の夜を眺められます。
まあ、2階ですから夜景というほどではないですけどね。
パトカーの出陣とか、酔っ払いの千鳥足を眺めつつ飲むのも一興。

ちなみに僕が頼んだドリンクは「デビルマッコリ」といい、
マッコリの手前に、ショットグラスの韓国焼酎がついてきます。

このコンボには僕自信、何度も痛い目に合っていますが、
店のコンセプトを考えると、頼まざるをえなかったというか……。
そこにサイダーが加わっていなくて、ホッとしたというか……。

10101602.jpg

こちらが店名でもあり、看板料理でもある「デビルチキン」。
塩コショウで下味をつけたローストチキン4分の1羽に、
コチュジャンをベースとした辛味ソースがついてきます。

辛味ソースは天使、小悪魔、悪魔の3種類から選べるので、
韓国慣れした我らはノータイムで悪魔をチョイス。

「暴力的な辛さですよ!」
「お水が必要だったらいってください!」

と店員さんに言われましたが、
まあ、舌にピリピリ来る程度という感じでしょうか。
たぶん普段から韓国料理を食べ慣れている人であれば、
標準的な辛さで美味しく食べられると思います。

10101603.jpg

ほかにも辛口のチョリソーが「デビルソーセージ」。

10101605.jpg

ゴマ油をふりかけたキムチは「デビルのキムチ」。

10101604.jpg

テキーラハイボールは「デビルハイボール」。

至るところにデビルを登場させるこだわりが効いています。
マッコリカクテルなんかも豊富に揃えている店ですが、
ネーミングの誘惑に勝てず、デビル制覇を目指してしまいました。

そんなあたりから、酔った我々は……。

10101606.jpg

「渋谷肉横丁デビル化計画!」

なるプロジェクトの可能性を模索。

この辛味ソースは、他の肉料理とも合うと思うんですよ。
他店に入って、デビルチキンを出前で取れば、
その店のメニューを、みんなデビル化させられます。

例えば、1軒目で食べたメニューは、

・デビルサムギョプサル
・デビルピザ
・デビル馬刺し

といった感じにアレンジ可。
ほかにも他店のメニューを眺めていけば、

・デビルハンバーグ
・デビル焼きとり
・デビルイベリコ丼

あたりはいけそうですね。

そして個人的に面白いなと思うのは牛タンですか。

デビル牛タンを「デビルタン」と呼びかえるだけで、
「Devil’s Tongue=こんにゃく」になるという言葉のマジック!

また、実際のメニューにあるかは確認しておりませんが、
中華まんがあったとしたら「デビルマン」が作れますね。

てな感じに、アホ話で盛り上がった渋谷の夜。

お店が多いので、楽しみ方もいろいろあるでしょうね。
僕も次回、また行く機会があれば、デビル化計画も含め、
さらなる楽しさの発掘に力を注いでみたいと思います。

店名:渋谷肉横丁
住所:東京都渋谷区宇田川町13-8ちとせ会館2階
電話:03-6416-9929
営業:11:00~翌5:00(店舗ごとに異なる)
定休:なし
http://shibuya.yokocho.info/



2 Responses to 渋谷「渋谷肉横丁」でデビルチキン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next