三河島「東京ガーデン」でポックムパプ。

10032201.jpg

韓国式中華料理店に入ると、ほぼ条件反射のように、
チャジャンミョン(ジャージャー麺)を頼んでしまう僕です。
2日酔いの時はチャンポン(激辛の海鮮麺)にすることもありますが、
それでもチャジャンミョンとのハーフ&ハーフが多いです。

あとはタンスユク(酢豚)を頼むか、マンドゥ(餃子)を頼むか。
なかなかポックムパプ(チャーハン)に至ることはないのですが……。

「韓国式中華料理店のチャーハンは最強!」

という日が稀にあったりします。

たぶん世の中、チャーハン好きな人は多いでしょうが、
ぜひ、韓国式チャーハンの存在を教えてあげたいですね。
脇にどろっとかかった、チャジャン(黒味噌)こそが最大のポイント。
麺とはまた違った、ごはんとの組み合わせで輝きます。

普通のチャーハンが好きな人からすれば邪道でしょうけどね。

せっかくパラパラにした米を、再びどろどろにする暴挙。
味もチャーハンというより、どこかオムライスに近い感じです。
たぶん、この料理はあくまでも韓国料理のポックムパプであり、
世間的なチャーハンの範疇からははみ出るんでしょうね。

それでも、この韓国式チャーハンが食べたくて仕方がない。

そんな日が2年に1度ぐらいはあるような気がします。
自宅の近所に、それをかなえてくれる店があって本当によかった。

10032202.jpg

一緒にムルマンドゥ(水餃子)も頼みつつ。

10032203.jpg

同行者はキムチチゲ(キムチ鍋)を頼んでおりました。
こちらもきちんと酸味がきいていて美味しかったですね。

三河島の「東京ガーデン」は韓国料理店でありつつ、
韓国式中華料理店も兼ねているという便利な店。
ありがたいことに出前にも応じてくれます。

両者を兼ねている、という点で喜ばしいのは、
いわゆる韓国式中華料理店に比べて副菜が充実する点。
普通だったら、たくあんと生タマネギ、キムチでおしまいですが、
冒頭の写真にも見えるように、4品の副菜がつきました。

スープがコムタン(牛スープ)というのも珍しいですね。
たいていはチャンポンのスープを提供するのが一般的です。

こういう融合店舗があるというのも三河島の魅力。
三河島に住んでいてよかった、としみじみ思う休日の午後でした。

店名:東京ガーデン
住所:東京都荒川区荒川3-61-5
電話:03-3805-3913



4 Responses to 三河島「東京ガーデン」でポックムパプ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next