自宅で鶏団子スンドゥブ&済州島料理。

08071401.jpg

環境が変わり、やはりというか外食が減っています。
三河島は商店街も充実しているので、自炊も苦になりません。
3、4日に1度、買い物にでかけて食料を買い込み、
あれやこれやと工夫しながら、日々の食事を作っています。
気分によって和食だったり、中華だったり、韓国料理だったり。

この日は疲れ気味だったので、辛い料理で元気を出そうかなと。
リニューアルし常温保存も可能になった丸大食品の「スンドゥブ」。
これを常備しておくと、簡単に食卓が韓国モードになります。
味噌汁を作る感覚で、具だけ考えればいいですからね。

冷蔵庫に鶏ひき肉があったので、鶏団子スンドゥブに決定。
東京 本気の韓国料理店』にも収録されているアレンジです。

鶏ひき肉におろしショウガ、醤油、日本酒、塩、コショウを加え、
鍋で煮立たせたスンドゥブのスープに、丸めていれるだけ。
その前にゴマ油で刻みニンニクを炒めておくと香りもいいですね。
後は刻んだ油揚げを入れて、豆腐を入れて、最後に生卵をポトン。
暑い夏には最適の、ピリ辛爽快スープができあがります。

おかずには済州島から買って帰ってきたアマダイの干物。
ホンダワラはゴマ油で炒めて、醤油で味付けたナムルと、
薄切りキュウリと一緒に合わせ酢で和えた酢の物に。
冷蔵庫の残り野菜を塩と塩昆布で漬物にし、本日の夕食完成です。

日常に料理をする環境が整ったので、
今後はもう少し料理を頑張ろうかなと思っています。
ずっと前からそんなことを言い続けておりますけどね。
何度目かの今度こそ、ということで。



7 Responses to 自宅で鶏団子スンドゥブ&済州島料理。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next