恵比寿「ワンス恵比寿店」でチュクミボックム。

08021301.jpg

お仕事関係の方と韓国料理を食べるというとき、
ちょっとオシャレな店のほうが、よかったりすることもあります。
もちろん家庭料理どっぷりのほうが好きな人もいますけどね。
最近はオシャレ方面にも選択肢が増えて嬉しい限りです。

この日は久しぶりに恵比寿の「ワンス」にやってきました。
韓国料理らしからぬ内観と、まんま普段着の店員さん。
東京においても、かなり異色な韓国料理店ですが、
味のほうは本格派という、なんとも嬉しいお店です。

オシャレ系らしく、パンチャン(副菜)が一切出てこないなど、
お店独自のスタイルがあるので、そこだけは要注意。
まずこちらのお店では冒頭のナムルを注文しておくのが吉。
11種類の選択肢から5種を選んで盛り付けてもらいます。

この日はモヤシ、ナス、小松菜、ゼンマイ、タケノコの5種類。
ほかにも大根とニンジン、レンコン、キュウリ、
キキョウの根、ゴボウ、ジャガイモのナムルが用意されています。
5種盛りだけでなく、3種盛りもあるみたいですね。

08021302.jpg

白菜、キュウリ、大根という定番3種のキムチ盛り合わせ。
ナムルとともに、注文してすぐ出てくる料理たちです。

08021303.jpg

この店でいちばんのおすすめがこのイイダコ料理。

08021304.jpg

大量の野菜とともに、甘辛い薬味ダレで炒めます。
炒める際にバターを使うので、独特のコクが加わって美味。
プリプリとしたイイダコの食感も魅力の料理です。

08021305.jpg

こちらもおすすめのジョン(衣焼き)盛り合わせ。
白身魚、キノコ、野菜などの食材に小麦粉、溶き卵の衣をつけ、
フライパンで焼くという、手間のかかった一品です。

注文から20分ほど時間がかかるので、
これも最初の段階で注文しておいたほうがよいメニューです。

08021306.jpg

メインにはキノコと野菜のチゲを頼んでみました。
シイタケ、シメジ、エノキといったキノコに加え、
肉団子なども入った、具だくさんな鍋料理。

エゴマの粉がたっぷり散らされているので香ばしく、
ほんのりカムジャタン(豚の背骨とジャガイモの鍋)風でした。

08021307.jpg

こちらは茹で豚を塩漬け白菜で包んで食べるポッサム
大根のキムチとアミの塩辛も一緒に包んで味わいます。

といった感じの料理をつまみつつ、いい感じで焼酎を消費。
気付いたら終電間際という、楽しい飲み会となりました。

恵比寿にもまた少しずつ韓国料理店が増えている様子。
昨年「東京 本気の韓国料理店」を作ったときは、
渋谷・恵比寿をエリアとしてまとめるかで少し悩みました。
数でいえば充分ですからね。後はエリアとしての印象度の差。
このエリアならではの色が見えてくると面白いのではと思います。

店名:ワンス恵比寿店
住所:東京都渋谷区恵比寿4-23-13
電話:03-5475-8787
営業:11:30~24:00(LO23:00)
定休:なし
http://www.s-ox-restaurant.com/

※この店は『東京 本気の韓国料理店』のP105にも紹介されています。

<過去の関連日記>
(01月25日)新宿「ワンスルミネ新宿店」でプルコギランチ。
(03月19日)恵比寿「ワンス恵比寿店」でチュクミボックム。
(06月11日)恵比寿「ワンス恵比寿店」でスンドゥブチゲ。
▲(2007年)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next