コリアン・フード・コラムニストの健康診断(1)。

先日、新大久保の豚焼肉店に足を運んだときの話です。
その日の参加者には、師匠のご友人に内科のお医者様がおり、
僕も親しくさせて頂いているのですが、その日会うなり、

「八田くん、なんか痩せたんじゃない!?」

という嬉しいお言葉を頂きました。
まあ、実際に痩せていないのは自分が百も承知なのですが、
暑い日々が続いたので、もしかしたら自然に痩せたのかもしれません。

「あは、そんなことないですよ」

とウキウキ顔で答えたのですが、
先生の次のセリフは、もっとシビアなもので、

「そういう突然の痩せ方は糖尿病なんじゃないか?」

というものでした。
痩せるのは嬉しいにしても、糖尿病が理由ではシャレになりません。
普段から乱れた食生活をしているのは先生もご存知なので、
話の流れから、1度しっかり検査したほうがいいとの話になりました。

なにしろ僕は大学を出た後、就職というのをしたことがないので、
会社での健康診断などとも無縁の生活を送っていました。
はっきり言うと、ここ6年ほど健康診断はしたことがありません。
病気にもならなかったので、医者に行ったのもはるか昔です。

自分でもまずいなあ、とは思っていたのですが、
仕事が忙しいのと面倒なのとで、健康のことは後回しにしていました。
そこへ先生の一言ですから、不安はおおいにつのります。

「近いうちにぜひウチの病院に来なさい」

と先生がおっしゃってくれたので、
覚悟を決めて、久しぶりに病院に行くことに。
大人になってから、初めての健康診断です。

そう決まってみると、実に不安なものですね。
僕の乱れた生活はほとんどこのブログに記載されていますが、
ほぼ毎日のように酒を飲み、大食しております。
どころか、

(10月17日)新大久保「てじまぅる大久保店」で朝まで飲み。
(11月16日)大久保「土地」が4軒ハシゴの終着地。
(01月20日)新大久保「道」でフィルムぶち切れ3次会。
(03月26日)新大久保「スンデ家」で6/6次会。

といった感じに、つぶれるまで飲んでいることもしばしば。
朝まで飲む、記憶が飛ぶまで飲むのが、日常化しております。
もちろんこのブログに書かれていない泥酔も多数ありますので、
これはもう、身体にガタが来ていないほうがおかしい。

検査当日は死刑台にのぞむような覚悟で病院に向かい、
血圧検査、尿検査、採血検査、心電図検査などを行いました。

しかも健康診断そのものに慣れていないので、
検査直前にモスバーガーで朝ごはんを食べてしまう始末。

「朝ごはんを食べたぁ!?」

と先生からしっかり怒られてしまいました。
検査のときは朝食を抜かなければいけないんですね。
30年生きてきて、そんな常識を初めて知りました……。

そんないかにも不安要素の多い検査結果については、
また次回の記事で、詳細に語らせて頂きたいと思います。
コリアン・フード・コラムニストもいよいよ廃業の危機か。
冗談抜きで、事実のみを報告させて頂きます。



9 Responses to コリアン・フード・コラムニストの健康診断(1)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 

 
 
previous next