新大久保「クンバリ新大久保本店」でコチュジャンチゲ。

07020801.jpg

1軒目の「てじまぅる新宿店」を出て2軒目へと移動。
すぐご近所にあるいい店、とのことで連れて行って頂きました。
「西新宿の映画な酒場」というキャッチコピーがついているコチラ
ビルの3階でひっそりと営業しているショットバーです。

膨大な量のウィスキーがメニューに並んでおりましたが、
中でも力を入れているのが、「国産」の洋酒類なのだとか。
国産ウィスキーのみならず、ラム、グラッパの国産もあるそうです。
と言いつつも実際に飲んでいたのは、箕面の地ビール。
フルーティな香りのする、柔らかな味わいのビールでした。

07020802.jpg

写真はお通しとして出てきたクルミです。
そのほか自家製ベーコン、スモークオイスター、
牛スジの赤ワイン煮といったあたりを食べました。

07020803.jpg

そしていい気持ちに酔いながら3軒目。
西新宿から、いつものフィールドである新大久保へと移動します。
といってもスタートが遅かったので、すでに明け方に近い時間ですね。
新大久保とはいえ、この時間だと開いている店は限られます。
しばし悩んだ後、朝5時まで営業している「クンバリ」へ。

ここは不思議なことに、明け方の雰囲気が似合う店なんですよね。
界隈にある人気店の中でも、韓国人比率が高いからでしょうか。
プデチゲ(ハムやソーセージの鍋)目当てに1軒目でもいいですが、
2軒目、3軒目としても使い勝手がよいという嬉しいお店です。
飯盒ラーメンなんていう、シメにちょうどいい料理もありますしね。

人数が4人だったこともあり、コチュジャンチゲを注文。
豚肉、野菜、キノコ類などを入れたチゲなのですが、
名前の通り、味付けにコチュジャンをたっぷり使うのが特徴です。
辛さの中にも甘味がある、といった感じの料理です。

といったところで3軒回ってこの日は解散。
最後に「てじまぅるブログ」からの話を引き継ぎます。

「てじまぅる」ブログ(2月9日記事)
http://ameblo.jp/tejimaul/entry-10025321825.html

同じようなスタイルでカクトゥギの汁を提供する店はコチラ
「カックッ」は「カクトゥギ」と「クンムル(汁)」の合成語です。

店名:クンバリ新大久保本店
住所:東京都新宿区百人町1-5-24アーバンハウス新宿1階
電話:03-5272-9320
営業:17:00~翌5:00
定休:なし
http://www.gunbarikorea.com/

<過去の関連日記>
(10月30日)新大久保「クンバリ」でプデチゲ&特大ケランマリ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 

 
 
previous next