韓国ラーメンシリーズ「ヘムルタンミョン」。

06090401.jpg

久しぶりに韓国ラーメンシリーズ。これで11回目ですね。
農心から発売されている「ヘムルタンミョン」を試してみました。
ヘムルタンといえば、海産物がどっさり入った鍋料理。
日本語で言うと「海鮮ラーメン」というところでしょうか。

実際にパッケージの裏を見ても、材料に海産物がずらり。
エビ、イカ、ムール貝、貝のむき身などが名前を連ねております。
パッケージの写真にも、海産物が大きく目立っていますね。
もちろん実物にはこんなに入っていないでしょうけどね。

06090402.jpg

期待を込めて、かやくの袋を撮影してみました。
この中にたっぷりの海産物が入っているのでしょう。
粉末スープと一緒にぐつぐつ煮込んでいると、
ふわーんと海の香りが、鍋から立ち上ってきました。

06090403.jpg

真ん中に卵を落としいれ、撮影のために具を集合させ……。
と、ここに至って具の異変に気がつきました。

「ん? 海産物関係の具がないじゃない……」

ワカメが少々、コンブらしきものも少々、ネギとシイタケと、
あとは薄くスライスされたカマボコがえらく目立っています。
ただ、肝心のエビ、イカの姿は見つけることができません。

沈んでしまったのか? いや、底をほじっても見当たらない……。

仕方がないのでカマボコだけでも美しく並べて写真撮影。
食べながら、海産物くんたちを探すことにしました。
いくらなんでも写真のために麺が伸びるのは嫌なので。

で、ずるずると食べ始めたのですが、確かに海鮮の香りがします。
でも全体的に見ると、それだけでは特徴としてやや弱い印象ですね。
これといったインパクトもなく、おとなしい感じのラーメンです。

そして最後まで食べきりましたが、やはり具に海鮮の姿は見えず。
気付かずに食べてしまったのか、本当に最初から入っていないのか。
どこか納得のいかない食事として終わってしまいました。

謎が解けたのは、この記事を書き始めてから。
確認の意味で公式ホームページを見に行ったのですが、
そこにはこんな宣伝文句が書かれておりました。

「ヘムルタンミョンはエビ、イカ、ムール貝、貝のむき身など、
 各種海産物の混合粉をスープソースとして作っており……」

海産物の混合粉!?

いくら具を探しても、姿が見当たらないはずです。
ヘムルタンなら具にもしっかり海産物を使って欲しいところ。
なにか香りだけでごまかされたような気分になりました……。

<過去の関連日記>
(04月15日)「スタミョン」は心の中のスター麺。
(05月14日)韓国土産の「トゥムセラミョン」カップラーメン。
(06月11日)3日酔いの昼にカムジャミョン。
(06月25日)お土産で頂いた「健康長寿麺」。
(06月28日)韓国ラーメンシリーズ「ノグリ」。
(07月02日)韓国ラーメンシリーズ「ムパマ」。
(07月06日)韓国ラーメンシリーズ「スナック麺」。
(08月01日)韓国ラーメンシリーズ「オジンオチャンポン」。
(08月06日)韓国ラーメンシリーズ「セウタンミョン」。
(08月14日)韓国ラーメンシリーズ「チャパゲッティ」。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 

 
 
previous next