韓国ラーメンシリーズ「チャパゲッティ」。

06081401.jpg

韓国ラーメンシリーズもこれでいよいよ大台です。
記念すべき10回目を何にするのかしばらく考えたのですが、
やっぱりこれだろうと、「チャパゲッティ」を選びました。

韓国の国民食チャジャンミョン(ジャージャー麺)のインスタント。
1984年の発売から20年以上も人気を集めるロングセラー商品です。
発売元の農心は「辛ラーメン」で有名ですが、その発売は1986年。
すなわち「チャパゲッティ」のほうが歴史ある商品なのです。
名前の由来はチャジャンミョンとスパゲッティを組み合わせたもの。
スパゲッティの柔らかな麺と、チャジャンを融合させたとのことです。

現在の商品名は「オリーブチャパゲッティ」になっているみたいですね。
粉末スープのほかに、オリーブ油の調味油が添付されておりました。

06081402.jpg

インスタント麺ではありますが、なかなかに複雑な作り方。
パッケージを見ると、600ccの湯で麺とかやくを5分間茹で、
しかるのちに、小さじ8ほどを残して湯を捨てよと書いてあります。
これをしっかりはかって作る人など、まずいないでしょうけどね。
目分量で湯を捨て、器に茹だった麺とかやくをあけます。

添付されている粉末スープと、オリーブ油を麺にふりかけて、
全体にスープが馴染むよう、ぐるぐるとかき混ぜていきます。
この時点から焦げたような香ばしいにおいがプンプン。
全体が真っ黒になるまで丹念に混ぜ込んだら……。

06081403.jpg

千切りキュウリをたっぷり乗せて出来上がり。
場合によってグリンピースなどを乗せる人もいるみたいですけどね。
ベタベタと油っこい麺なので、キュウリのほうがよく合います。
後は口の周りを真っ黒にしながらズルズルベタベタと食べるべし。

最近は韓国式中華料理の店も増えてきましたが、
それとはまた別に、突然食べたくなるのが「チャパゲッティ」。
不思議な魅力を持ったインスタント麺です。

<過去の関連日記>
(04月15日)「スタミョン」は心の中のスター麺。
(05月14日)韓国土産の「トゥムセラミョン」カップラーメン。
(06月11日)3日酔いの昼にカムジャミョン。
(06月25日)お土産で頂いた「健康長寿麺」。
(06月28日)韓国ラーメンシリーズ「ノグリ」。
(07月02日)韓国ラーメンシリーズ「ムパマ」。
(07月06日)韓国ラーメンシリーズ「スナック麺」。
(08月01日)韓国ラーメンシリーズ「オジンオチャンポン」。
(08月06日)韓国ラーメンシリーズ「セウタンミョン」。



5 Responses to 韓国ラーメンシリーズ「チャパゲッティ」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 

 
 
previous next