新大久保「すら」でモドゥムジョンほか。

06080401.jpg

新大久保に繰り出して大勢での宴会、というのがしばしばあります。
稀に3、40人ということもありますが、たいていは10~20人程度。
このくらいの人数が一体感を持って座れる店、というのはけっこう貴重です。
テーブルがバラバラになってしまってもまた面白くないですもんね。

この日は12人という人数だったのですが、
最大で15名まで増える可能性を残していました。
また、それぞれ韓国料理に詳しいという方々ではないのですが、
僕のほうでこれまでに何度か新大久保を案内しており、

・チャムナム家
・鍾路本家
・てじまぅる
・鳳雛チムタク
・さんぱ家

といった有名どころの店はすでに経験済み。
それ以外のところで、どこに行くか考えることとなりました。
候補を3つほどあげつつ希望などを聞いてみた結果、
今年に入って何度もお世話になっている「すら」に決定。
毎回この店を決めるというのには悩まされますね。

冒頭の写真は要予約メニューのモドゥムジョン
青唐辛子、エリンギ、ホバク(カボチャの未熟果)、白身魚、
ひき肉の団子などに粉と卵をつけて焼いた料理です。
宴会料理となると、必ず出てくる料理のひとつですね。

06080402.jpg

チャプチェ(春雨炒め)や海鮮チヂミをつまみつつ、
ドリンクはビールからマッコルリ、百歳酒方面へと移行。
このあたりから徐々に飲む雰囲気になっておりました。

06080403.jpg

同じく要予約メニューのトッカルビ(肉を叩いたカルビ焼き)。
そういえばこないだ気付いたんですが、ここのは豚肉なんですよね。
本来は牛肉で作るべき料理。テジカルビのアレンジ版という感じでしょうか。

最後はカムジャタン(ジャガイモと豚の背骨の鍋)が出て打ち止め。
いったんお開きとし、有志のみで2次会へと移行しました。

06080404.jpg

飲む雰囲気ではなかったので、大久保通りの「ヘルシーハウス」へ。
ここでは1~3人前までのパッピンス(氷アズキ)が食べられます。
7人だったので3人前を2つ頼み、みんなでつついて食べることに。
上のソフトクリームは6種類の中から選べるとのことで黒ゴマと抹茶を選択。
ほかにもバニラ、イチゴ、チョコ、マロンがあるとのことです。

韓国式に混ぜて食べるのに対し、多少抵抗の声もありましたが、
もちろん容赦なく、2つともぐじゃぐじゃに混ぜて食べました。
2次会にさっぱりパッピンスというのもなかなかいい感じです。

店名:すら
住所:東京都新宿区百人町1-1-8
電話:03-3205-8687
営業:17:00~翌3:00
定休:調査中
(※追記。すらは2006年10月に閉店しました)

店名:ヘルシーハウス
住所:東京都新宿区百人町1-18-10太陽堂ビル2階
電話:03-3366-2611
営業:11:00~24:00
定休:日曜日
http://www.healthy-korea.co.jp/

<過去の関連日記>
(05月16日)新大久保「すら」でトッカルビ。
(05月21日)新大久保「すら」でオボクチェンバン。



2 Responses to 新大久保「すら」でモドゥムジョンほか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 

 
 
previous next