韓国のカレーに関するこぼれ話。

メルマガで韓国のカレーについて書いたのですが、
その中に入りきらなかったエピソードをひとつ紹介します。
僕が初めて韓国のカレーを食べたのは1999年。
ちょうど留学したての頃で日記が残っており、
9月22日(水)と日付、曜日までわかっています。
留学生として韓国に渡ってわずか3日目のことでした。

寄宿舎近くの食堂でたまたまカレーを食べたのですが、
このときに食べたカレーがまた一風変わったものでした。
本編では食べたときの味に驚いたことになっておりますが、
実は食べる以前、見た目の段階から衝撃を受けていました。
というのもこのカレー、ライスにちょっとした工夫があったんです。

ほかに同じ工夫を見たことがないのでここだけだと思いますが、
ライスの上に、パラパラと粉唐辛子が振られておりました。
ちょっとした彩りなのか、あるいは辛さを補うためなのか。
真相はわかりませんが、これを見た僕は大いに驚き、

「そうか、韓国はカレーにもやはり唐辛子なのだ!」

とある種の感動すら覚えたことを記憶しています。
まだ、韓国のカレー事情も知らなかった頃ですからね。
韓国イコール辛い、赤いという印象しかありませんでした。

結局、その感動も1口目を食べた時点で霧散するのですが、
強烈な第一印象によって、僕の中に韓国カレーの印象が強く残りました。
韓国で食べたカレーというと、まずそのときのことが思い出される次第です。
実際、日記そのものには一言も触れていないんですけどね。
食べたもの一覧というところに1行だけ記述があるのみです。

ちなみにこの日記が6月13日のぶんなのですが、
この翌日から赤い悪魔カレーの製作に取りかかりました。
なにぶん激辛料理なので、家族の誰も食べられません。
自分ひとりで黙々と同じカレーを消費しているため、
明日以降も3日間ほど、韓食日記はカレーの話題が続く予定です。



2 Responses to 韓国のカレーに関するこぼれ話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 

 
 
previous next