ルッコラたっぷりピザを食べて考える。

普段から韓国料理ばかり食べているせいで、
他の料理を食べに行くとわからないことが多く戸惑います。
この日はイタリアンを食べたのですが、
メニューが読めないので同行者に問い尋ねるばかり。

「フジッリってなんです?」
「なんかねじったみたいなパスタ」
「パンチェッタって生ハムでしたっけ?」
「んー、ベーコンみたいな感じかな」

いやはや、わかっていないにもほどがある。
注文ひとつするにも一苦労だったりします。
まがりなりにもフードコラムニストを名乗る以上、
最低限のことくらいは知っておくべきなんですけどね。
極端に偏った守備範囲だけで生きております。

で、この日食べたものの中のひとつに、
ルッコラがどっさり入ったピザがありました。
あまりに多くルッコラでピザの表面が見えないくらい。
もともと独特の香りだなとは思っておりましたが、
ここまでたくさんだと刺激が強いのにも驚きます。
店を出た後も、しばらく口の中がルッコラ風味でした。

そんなピザを食べながら、

「ルッコラの味ってどう表現するんですかね」
「うーん、ゴマに似ているってよく言うよね」

という会話があったのですが、
この話を聞いてピンときたことがひとつ。

ゴマに似ているということは、エゴマの葉かわりに使えないだろうか。

例えば焼肉を食べる際に、サンチュと一緒に使ってみる。
ルッコラの独特の風味なら焼肉の強い味にも負けないはず。
韓国料理界に新たな新風を巻き起こすのではないか。
例えば人気のサムギョプサル(豚バラ肉の焼肉)あたりからはじめ、
料理の名前は……そう、ルッコラサムギョプサル!!

実際に食べて美味しいかどうかは別の話なのですが、
イタリアンを食べていてもこんなことを考えています。
職業病というよりも、もはやただのネタ職人です。



8 Responses to ルッコラたっぷりピザを食べて考える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 

 
 
previous next