江陵市の料理

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

江陵市(カンヌンシ、강릉시)は江原道に位置する地域。本ページでは江陵市の料理、特産品について解説する。

鏡浦海水浴場

地域概要

船橋荘

江陵市は江原道の中東部に位置し、江原道東海市旌善郡平昌郡洪川郡襄陽郡と接する。江原道東部の中心都市であり、人口は21万3348人と江原道では原州市春川市に次いで3番目に多い(2019年7月)[1]。市の東部は東海岸に面して漁港や海水浴場が多く、西部は太白山脈(テベクサンメク、태백산맥)の一角を成し、雪岳山(ソラクサン、설악산)、五台山(オデサン、오대산)といった名峰を抱える。海と山の両方を楽しめる観光地として人気が高いほか、歴史的な見どころとして、1760年頃に建てられた両班の邸宅である船橋荘(ソンギョジャン、선교장)や、東海岸を望む景観のよい楼閣の鏡浦台(キョンポデ、경포대)、儒学者の栗谷李珥(ユルゴクイイ、율곡이이)と、母の申師任堂(シンサイムダン、신사임당)が生まれ育った烏竹軒(オジュコン、오죽헌)などがある。ソウル(東ソウル総合ターミナル、ソウル高速バスターミナル)から江陵(江陵高速バスターミナル、江陵市外バスターミナル)までは高速バスで約2時間20分~2時間50分の距離。鉄道の場合、ソウルの清涼里(チョンニャンニ、청량리)駅から江陵駅までは高速鉄道のKTXで約1時間30~40分の距離である。

  • 江原道の地名由来
江陵市が属する江原道という地名は、高麗時代の1395年に江陵市、原州市の頭文字を取って名付けられた。
  • 江陵市の地名由来
江陵市の江は、市中心部を流れる南大川(ナムデチョン、남대천)に由来し、陵は城山面(ソンサンミョン、성산명)地区に位置する冥州郡王陵(ミョンジュグンワンヌン、명주군왕릉)に由来するとの説がある。冥州郡王陵は、新羅の王族であり高官職を歴任した金周元(キムジュウォン、김주원)の陵墓。第37代宣徳王の死後に次代の王として推戴されたが、のちの第38代元聖王との抗争に敗れたため、現在の江陵市へと落ち延び、やがて冥州郡王として奉ぜられた。金周元は江陵金氏(カンヌンキムシ、강릉김씨)の始祖である。
  • 2018年平昌冬季オリンピック・パラリンピック
2018年平昌冬季オリンピック・パラリンピックの一部競技は江陵市でも開催された。江陵スピードスケート競技場や、江陵アイスアリーナ、江陵ホッケーセンター、江陵カーリングセンター、関東ホッケーセンターにおいて、スピードスケート、フィギュアスケート、アイスホッケー、カーリングなどの氷上競技が開催された。

食文化の背景

注文津港にあるスルメイカのオブジェ

江陵市の東部は東海岸に面しており、沙川港(サチョナン、사천항)、江陵港(カンヌンハン、강릉항)、金津港(クムジナン、금진항)、注文津港(チュムンジナン、주문진항)、江門港(カンムナン、강문항)など、全部で15の港を有する64.5 kmの海岸線が伸びる[2]。各漁港では豊富な水産物が水揚げされ、スルメイカ、カレイ、クロソイ、ハタハタ、シワイカナゴなどの特産品がある。それぞれ刺身や、焼き魚、ムルフェ(水刺身/물회)といった調理法で味わう。また、海からの恵みは海産物だけの留まらず、市内の草堂(チョダン、초당)地区ではにがりのかわりに海水を用いた豆腐作りが盛んである。農作物としてはジャガイモや、ハリギリの葉が特産品として知られ、また沙川地区で生産される伝統菓子のハングァ(韓菓、한과)や、毎年10月に江陵コーヒー祭り(강릉커피축제)が開かれることでも有名である。

代表的な料理

東海岸有数の港町だけあって海からの恵みを活かした郷土料理が多い。海水を使って作る豆腐のチョダントゥブや、特産品であるハタハタを鍋仕立てにしたトルムクチゲ、タナカゲンゲを蒸し煮にしたチャンチチムなどが代表的である。スルメイカや、ジャガイモを利用した料理も多いが、この2種については代表的な特産品の項目で詳述する。

チョダントゥブ(草堂豆腐/초당두부)

草堂豆腐のスンドゥブ
チョダントゥブは草堂(チョダン、초당)地区で作られている豆腐。チョダンが地名、トゥブが豆腐を意味する。にがりのかわりに海水を汲んで作っているのが特徴。現在は海中深くまでパイプを通して清浄な水を汲み上げ、これを各店舗、または豆腐工場にて共同で使用している。豆腐は押し固める前の状態であるスンドゥブ(순두부)と、押し固めて成形したモトゥブ(순두부)の2種類が中心。地域の飲食店ではスンドゥブ、モトゥブをメインとした定食メニューを味わうことができる。店によっては、スンドゥブを辛い鍋仕立てにしたスンドゥブチゲ(柔らかい豆腐の鍋/순두부찌개)や、副産物であるおからを利用したピジチゲ(おからの鍋/비지찌개)や、豆腐を入れたチャンポン(激辛スープの海鮮麺/짬뽕)を提供するところもある。こうした飲食店や豆腐工場の集まった一帯は「草堂豆腐村(초당두부마을)」と呼ばれる。
  • スンドゥブ
押し固める前のもろもろとした豆腐を液体ごと器に盛り付け、少量の薬味醤油を加えて味わう。いわゆるスンドゥブチゲのように辛く味付けをするのではなく、豆腐本来の甘味と、海水によるほんのりとした塩気で味わう。
  • モドゥブ
押し固めて四角く成形した豆腐をできたての温かいままに、または温めたうえで薬味醤油をかけて味わう。
  • 草堂豆腐の由来
草堂豆腐は16世紀中頃、三陟府使として赴任していた許曄(허엽)によって作られたとの説があり、草堂とは許曄の号を指す[3]。許曄は小説『洪吉童伝』を書いた許筠(허균)の父親でもある。

トルムクチゲ(ハタハタの鍋/도루묵찌개)

トルムクチゲ
トルムクチゲはハタハタの鍋。トルムク(도루묵)がハタハタ、チゲ(찌개)が鍋料理を意味する。内臓を取った丸ごとのハタハタを、鍋で長ネギ、豆腐などの具とともに辛く煮込んで作る。11月から12月上旬頃まではメスが卵を持っており、この時期のトルムクチゲがもっとも人気が高い。焼き魚にしたトルムックイ(도루묵구이)もハタハタの代表的な食べ方である。
  • ハタハタの名前に関する逸話
ハタハタの呼び名であるトルムクには命名に関する逸話がある。ハタハタはかつてムク()という名前で呼ばれており、現在は北朝鮮に位置する咸鏡道の名産品であった。朝鮮時代にある王様が戦乱を避けて咸鏡道へ逃れた際、地元民からハタハタを献上され、これがたいへん美味しいかったことから名前を尋ねた。地元民がムクと答えると、王様はもっとふさわしい名前がよいだろうと、その色合いからウノ(銀魚、은어)と命名した。戦乱が落ち着いて都に戻った王様は、ハタハタの味が忘れられず、もう1度食べたいとわざわざ運ばせた。ところが長距離を移動したハタハタは味が落ちており、それに怒った王様は銀魚という名前を取り上げ、もとのムクに戻せと命じた。韓国語で「もとに」は「トロ(도로)」と発音し、もとのハタハタで「トロムク(도로묵)。これがなまって現在のトロムクになったとされる。ちなみに現在の韓国語でウノ(은어)はアユのことを指す。

チャンチチム(タナカゲンゲの蒸し煮/장치찜)

チャンチチム
チャンチムはタナカゲンゲの蒸し煮。チャンチ(장치)がタナカゲンゲの江原道方言、チム()は蒸し煮を意味する。タナカゲンゲの標準名は「ポルレムンチ(벌레문치)」と呼ぶ。ぶつ切りにしたタナカゲンゲをジャガイモや長ネギとともに辛い味付けで煮込んで作る。身はゼラチン質の白身でぷるぷると柔らかい。注文津(주문진)地区が名産であり、注文津港の近くに専門店が集まる。タナカゲンゲは日本の山陰地域で「ばばぁ」「ばばちゃん」とも呼ばれている。

ウロクミヨックッ(クロソイのワカメスープ/우럭미역국)

ウロクミヨックッはクロソイのワカメスープ。ウロク(우럭)がクロソイ、ミヨックッがワカメスープを表す(「ミヨックッ(ワカメスープ/미역국)」の項目も参照)。クロソイのアラを煮込んでダシを取り、たっぷりのワカメを加えて煮込んで作る。江門港(강문항)に隣接して刺身店の集まる江門活魚刺身タウンの名物として知られる。

ハングァ(韓菓/한과)

ハングァは沙川(サチョン、사천)地区で作られている伝統菓子。菓子店の集まる一帯はモレネ韓菓村(모래내한과마을)と呼ばれる。「江陵ハングァ」の名称で農林畜産食品部が地域の名産品を認証する地理的表示農産物の第75号に指定されている[4]

江陵中央市場のB級グルメ

城南洞(ソンナムドン、성남동)に位置する江陵中央市場(カンヌンチュンアンシジャン、강릉중앙시장)は、嶺東地域(江原道の東側地域)における最大規模の総合市場である。近年は観光客向けに食べ歩けるB級グルメの店が人気を集めており、アイスクリームホットク(アイスに蜜入りのお焼きを載せたもの、아이스크림호떡)、タッカンジョン(鶏の蜜揚げ/닭강정)トッカルビ(叩いた牛カルビ焼き/떡갈비)などが有名である。ソモリクッパプ(牛頭部のスープごはん/소머리국밥)の専門店が集まる一画もある。すぐ隣には城南市場(성남시장)が隣接しており、カムジャジョン(ジャガイモのチヂミ/감자전)が名物である。

代表的な特産品

東海岸沿いの各漁港で水揚げされるスルメイカは江陵の代表的な特産品である。また栽培量の多いジャガイモや、ハリギリの芽も名産として知られる。

オジンオ(スルメイカ/오징어)

スルメイカは江原道から慶尚北道にかけて東海岸沿いの各漁港で水揚げされ、江陵では注文津港(주문진항)が名産地として有名である。3月頃から走りのスルメイカが市場に並び、初夏から夏にかけて旬を迎える。また秋イカがとれる毎年9~10月に「注文津スルメイカ祭り(주문진오징어축제)」が開催される。主要な食べ方として、オジンオフェ(スルメイカの刺身、오징어회)、オジンオムルフェ(スルメイカの冷や汁風刺身、오징어물회)、オジンオスンデ(詰め物をした蒸しイカ/오징어순대)などがあげられるほか、塩辛や、乾物のスルメなどの加工品も生産される。
  • スルメイカのスイーツ
イカスミソフトクリーム
注文津港などに店舗を構える「マシワオジンオパン(마시와오징어빵)」では、イカスミを用いたソフトクリームや、カステラ生地にアンコと細切りのスルメを入れた焼き菓子などを販売している。

カムジャ(ジャガイモ/감자)

江陵ではジャガイモの生産が盛んであり、2015年における春ジャガイモ(봄감자)の栽培面積は全羅南道宝城郡、忠清南道唐津市に次いで全国3位であり[5]、同じく高冷地ジャガイモ(고랭지 감자)の栽培面積、および生産量は、江原道平昌郡に次いで全国2位である[6]。ジャガイモの利用法としては、カムジャジョン(ジャガイモのチヂミ/감자전)カムジャソンピョン(ジャガイモ餅/감자송편)、カムジャオンシミ(ジャガイモのすいとん、감자옹심이)といった名物料理がある。

  • カムジャジョン
カムジャジョンはジャガイモのチヂミ。江陵中央市場に隣接する城南市場(성남시장)の名物であり、毎年7月には「江陵城南市場カムジャジョン祭り(강릉성남시장 감자전 축제)」が開催される。
  • カムジャオンシミ(ジャガイモ団子のスープ/감자옹심이)
カムジャオンシミ
柄山洞(ピョンサンドン、병산동)地区にはカムジャオンシミの専門店が集まっている。オンシミ(옹심이)とは白玉のような団子のことで、ジャガイモをすりおろして作り、スープに入れて味わう。この地域はもともとジャガイモの栽培が盛んであり、ある農家が簡単な屋台を始めたのが始まり。カムジャジョン(ジャガイモのチヂミ/감자전)タッパル(鶏足焼き/닭발)でマッコリを飲み、最後をカムジャオンシミで締めくくるスタイルが人気を集め、専門店が立ち並ぶようになった。

ケドゥルプ(ハリギリの芽/개두릅)

沙川地区のヘサリ村(해살이마을)ではケドゥルプ(개두릅)と呼ばれるハリギリの芽が名産となっている。4月頃に顔を出した新芽を摘み、ナムル(나물)や、チョン(チヂミ/전)にしたり、さっとゆがいて唐辛子酢味噌につけて味わうスッケ(숙회)などに利用する。毎年4月には「江陵ヘサリ村ケドゥルプ祭り(강릉 해살이마을 개두릅축제)」が開催される。江陵ケドゥルプ(강릉개두릅)は山林庁が地域の名産品を認証する地理的表示林産物の第10号として登録されている[7]

代表的な酒類・飲料

マッコリ

注文津トンドンジュ
沙川面の防風都家醸造場(방풍도가양조장)ではハマボウフウを原料に加えたハマボウフウ生マッコリ(屠門大嚼)を生産。注文津濁酒合同製造場(주문진탁주합동제조장)の注文津トンドンジュ(주문진동동주 )、玉渓醸造場(옥계양조장)の玉渓マッコリ(옥계막걸리)、城山面の江陵端午酒家(강릉단오주가)がの江陵端午酒(강릉단오주)といった銘柄がある。

焼酎

  • チョウムチョロム
淮山洞(회산동)にはロッテ酒類の江陵工場があり、現在の韓国における代表銘柄のひとつ「チョウムチョロム(처음처럼)」などが生産される。江陵工場のルーツは1926年に設立された江陵合同酒造(강릉합동주조)にあり、東海合同酒造(동해합동주조)、鏡月酒造(경월주조)、鏡月(경월)と名前を替えつつ、1993年11月からは斗山グループの系列会社となった後、2009年からはロッテグループに編入されている[8]
  • 鏡月
日本でサントリーが1996年より輸入販売する「鏡月」は、ロッテ酒類の江陵工場で生産されている。鏡月とは江陵の代表的な観光地である鏡浦台から眺める月を意味する。

クラフトビール

  • ポドゥナムブルワリー
ポドゥナムブルワリー(버드나무브루어리)は2015年9月にオープンしたクラフトビールのブルワリー兼ビアレストラン。米、菊の花、松の葉、菖蒲の葉などをビールの原料にしている。

コーヒー

安木海岸のカフェ通り
江陵市はコーヒーの町を掲げ、2009年から毎年10月に「江陵コーヒー祭り(강릉커피축제)」を開催している。江陵でコーヒーが有名になったのは、韓国のコーヒー1世代のひとりに数えられる朴利秋氏が、1988年にソウルで創業したカフェ「ボヘミアン」を2000年に江陵へと移し、現在も運営していること。また、海水浴場として有名な安木海岸にコーヒーの自動販売機がたくさんあり、現在もカフェがたくさん軒を連ねて営業していること、などがあげられる[9]
  • コピパン(コーヒー饅頭)
コピパン(커피빵)は、コーヒー饅頭。市内のカフェなどでコーヒー豆の形を模した、コーヒー味の饅頭が販売されている。

老舗

  • クァンドク食堂(광덕식당)
クァンドクスペシャル
江陵中央市場内に位置するソモリクッパプ(牛頭部のスープごはん/소머리국밥)の専門店。創業は1950年と歴史があり、店舗は1930年代に建てられたものをそのまま利用している。店頭の大釜で煮込んだソモリクッパプのほか、スンデクッパプ(腸詰入りのスープごはん、순대국밥)、タックッパプ(鶏のスープごはん、닭국밥)といったメニューもある。店名を冠したクァンドクスペシャル(광덕스페셜)は、茹でた目、舌(タン)、頬肉などのスユク(牛茹で肉の薄切り/수육)を盛り合わせたもの。
  • ソジチョガットゥル(서지초가뜰)
蘭谷洞(난곡동)の「ソジチョガットゥル」は、300年続く昌寧曺氏の家系に伝わる両班家庭の料理を伝える店。田植えの時期に働き手をもてなす意味で作られた、モッパプ、チルサンと呼ばれる定食を自慢としている。農作業の合間に昼食としたのがモッパプ、作業後に自宅へ持ち帰った料理をチルサンと呼び分ける。地元の山菜料理や、祭祀料理、餅などが組み合わされており、田植えで余った種籾を蒸し餅にしてヨモギやカボチャを加えたシジョンジトク(씨종지떡)や、海藻のスジメ(쇠미역)を油で揚げて砂糖を振ったセミヨクティガク(쇠미역튀각)、干しダラを手で細かく裂いて大根や粟などと一緒に発酵させたポシッケ(포식해)といった料理が特徴的である。
  • 松竹杜鵑酒(ソンジュクトゥギョンジュ、송죽두견주)
モッパプ、チルサンとともに昌寧曺氏の家系で受け継がれた伝統酒である。祭祀用に捧げるもので、名前の通り、松の葉、竹の葉、杜鵑(ツツジ)の花が材料として入る。醸造酒であり、主原料にはもち米、うるち米、もち粟が用いられる。

飲食店情報

以下は韓食ペディアの執筆者である八田靖史が実際に訪れた店を列挙している。

  • クァンドク食堂(광덕식당)
住所:江原道江陵市中央市場キル22-3(城南洞53-11)
住所:강원도 강릉시 중앙시장길 22-3(성남동 53-11)
電話:033-642-6851
料理:ソモリクッパプ
  • クイ本部25時(구이본부25시)
住所:江原道江陵市注文津邑海岸路1723(橋項里167-1)
住所:강원도 강릉시 주문진읍 해안로 1723(교항리 167-1)
電話:033-662-8044
料理:トルムクチゲ、センソングイ
  • 宮中王トッカルビ(궁중왕떡갈비)
住所:江原道江陵市栗谷路2789-1(城南洞50)
住所:강원도 강릉시 율곡로 2789-1(성남동 50)
電話:033-641-0056
料理:トッカルビ
  • マシワオジンオパン(마시와오징어빵)
住所:江原道江陵市注文津邑海岸路1754(注文里312-458)
住所:강원도 강릉시 주문진읍 해안로 1754(주문리 312-458)
電話:なし
料理:イカスミソフトクリーム、イカ饅頭
  • マンソン食堂(만선식당)
住所:江原道江陵市空港キル46(柄山洞384-1)
住所:강원도 강릉시 공항길 46(병산동 384-1)
電話:033-653-1851
料理:カムジャオンシミ
  • ベニタッカンジョン(배니닭강정)
住所:江原道江陵市金城路13番キル5(城南洞51-120)
住所:강원도 강릉시 금성로13번길 5(성남동 51-120)
電話:033-643-9038
料理:タッカンジョン
  • ソジチョガットゥル(서지초가뜰)
住所:江原道江陵市蘭谷キル76番キル43-9(蘭谷洞264)
住所:강원도 강릉시 난곡길76번길 43-9(난곡동 264)
電話:033-646-4430
料理:モッパプ、チルサン
  • 熱海(열해)
住所:江原道江陵市滄海路31(見召洞268-28)
住所:강원도 강릉시 창해로 31(견소동 268-28)
電話:033-653-3060
料理:ヘゲタン(海産物と鶏肉の鍋)
  • ウォルソン食堂(월성식당)
住所:江原道江陵市注文津邑市場3キル4-1(注文里312-147)
住所:강원도 강릉시 주문진읍 시장3길 4-1(주문리 312-147)
電話:033-661-9910
料理:チャンチチム
  • 草堂ハルモニスンドゥブ(초당 할머니순두부)
住所:江原道江陵市草堂スンドゥブキル77(草堂洞307-4)
住所:강원도 강릉시 초당순두부길 77(초당동 307-4)
電話:033-652-2058
料理:スンドゥブ
  • テグァンフェ食堂(태광회식당)
住所:江原道江陵市滄海路382(江門洞245-2)
住所:강원도 강릉시 창해로 382(강문동 241-7)
電話:033-653-9612
料理:刺身、ウロクミヨックッ
  • テラロサコーヒー工場(테라로사 커피공장)
住所:江原道江陵市邱井面玄川キル7(於丹里1011-1)
住所:강원도 강릉시 구정면 현천길 7(어단리 1011-1)
電話:033-648-2760
料理:コーヒー

エピソード

八田靖史著『八田式「イキのいい韓国語あります。」』(学研)の表紙(オビなし)
  • 韓食ペディアの執筆者である八田靖史は2000年8月に初めて江陵市を訪れた。当時は留学生であり、韓国人の友人らと夏休みを利用しての旅行であった。海水浴をしたり、五台山をハイキングとしたりと満喫するなど、まさしく海と山の両方を楽しんだ。なお、このときに海で撮影した写真は、デビュー作である『八田式 イキのいい韓国語あります。』(学研)の表紙を飾っている。

脚注

  1. 주민등록 인구 및 세대현황 、行政安全部ウェブサイト、2019年8月7日閲覧
  2. 항구 、デジタル江陵文化大全、2017年7月15日閲覧
  3. 초당두부 、江陵市ウェブサイト(솔향강릉)、2017年7月15日閲覧
  4. 강릉한과 지리적표시 등록 : 제75호 、国立農産物品質管理院、2017年7月15日閲覧
  5. 봄감자 주산지시군 재배면적 、統計庁ウェブサイト、2017年7月15日閲覧
  6. 고랭지감자 주산지시군 생산량 、統計庁ウェブサイト、2017年7月15日閲覧
  7. 지리적표시등록 임산물 제41호(강릉개두릅) 、山林庁ウェブサイト、2017年7月15日閲覧
  8. 경월(주) 、斗山百科、2017年7月15日閲覧
  9. 커피가 강릉으로 간 까닭은 、江陵コーヒー祭りウェブサイト、2017年7月15日閲覧

外部リンク

関連サイト
制作者関連サイト

関連項目