タッカンジョン(鶏の蜜揚げ/닭강정)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

タッカンジョン닭강정)は、鶏の蜜揚げ。タッ()は鶏。カンジョン(강정)はもち粉を練って油で揚げ、蜂蜜を塗ってゴマ、きな粉などをまぶした菓子。揚げた鶏肉をカンジョンのように甘辛い蜜を絡めた料理を指す。ぶつ切りにした鶏肉に衣をつけて油で揚げ、コチュジャン、水飴、ケチャップなどを混ぜたタレと絡めながら中華鍋で炒めて作る。類似の料理として、ヤンニョムチキン(辛口のフライドチキン/양념치킨)があり、どちらもほぼ区別がないほど似ているが、傾向としてタッカンジョンのほうが水飴が強調されて甘味が強く、表面がカリッとコーティングされており、冷めてからも美味しい、また冷ましてから食べるとの特徴がある。対してヤンニョムチキンは、辛味ダレを全体に絡めるようにして仕上げ、揚げたての状態で味わう。タッカンジョンの専門店や、チキンの専門店で提供されるほか、持ち帰り用として市場で販売されることが多く、あるいは屋台で軽食としても販売される。仁川市の新浦市場(シンポシジャン、신포시장)や、江原道束草市の束草観光水産市場(ソクチョクァングァンスサンシジャン、속초관광수산시장)をはじめ、タッカンジョンを名物とする市場は各地にある。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目