チャンポン(激辛スープの海鮮麺/짬뽕)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

チャンポン짬뽕)は、激辛スープの海鮮麺。料理名は日本語のちゃんぽんが定着したとみられるが、料理自体は日本から伝わったという説と、中国から伝わった炒碼麺(초마면)をルーツとするとの説がある。鶏ガラや豚骨などでスープを作り、豚肉、魚介、野菜、キノコなどの具を加えて中華麺とともに味わう。味付けは塩、醤油のほか、粉唐辛子や唐辛子油を加えて辛く仕上げるのが特徴である。チャジャンミョン(韓国式ジャージャー麺/짜장면)と並んで韓国における中華料理の代表格であり、中華料理店で味わえるほか、チャンポンに特化した専門店も多い。インスタント麺としてもチャンポンは多くの商品が販売されている。チャンポンのバリエーションとしては、サムソンチャンポン(3種の海鮮チャンポン、삼선짬뽕)、ヘムルチャンポン(海鮮チャンポン、해물짬뽕)、クルチャンポン(牡蠣チャンポン、굴짬뽕)、コチュチャンポン(唐辛子チャンポン、고추짬뽕)などがある。また、スープに麺ではなくごはんを入れたものはチャンポンパプ(激辛海鮮スープごはん/짬뽕밥)と呼ぶ。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目