栄州市の料理

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

栄州市(ヨンジュシ、영주시)は慶尚北道の北部に位置する地域。本ページでは栄州市の料理、特産品について解説する。

浮石寺

地域概要

栄州市は慶尚北道の北部に位置する地域。市の北部は江原道寧越郡、東部は慶尚北道奉化郡、南東部は慶尚北道安東市、南西部は慶尚北道醴泉郡、北西部は忠清北道丹陽郡と接する。人口は10万7484人(2018年7月)[1]。市の北東部から南西部にかけて小白山脈が連なっており、これが忠清北道との境界をなす。一帯は小白山国立公園(ソベクサンクンニプコンウォン、소백산국립공원)に指定されており、景勝地としてハイキング客などの人気が高い。市の中東部から南部にかけて乃城川(ネソンチョン、내성천)が、北西部から南部にかけて西川(ソチョン、서천)が流れる。代表的な観光地に韓国初の書院(私塾)である紹修書院(ソスソウォン、소수서원)、新羅時代の676年に創建された浮石寺(プソクサ、부석사)、朝鮮時代の両班村をそのまま残したムソム村(ムソムマウル、무섬마을)などがある。ソウルから栄州市までのアクセスは、ソウル高速バスターミナル、東ソウル総合ターミナルから栄州総合バスターミナルまで高速バスで2時間30分の距離。

  • 竹嶺
市内の豊基(プンギ、풍기)地区から忠清北道丹陽郡へと抜ける峠は、竹嶺(チュンニョン、죽령)と呼ばれ、三国時代から続く交通の要衝であった。山を越えた丹陽郡には漢江(ハンガン、한강)の上流域である南漢江(ナマンガン、남한강)が流れており、漢陽(ソウル)まで船に乗って一気に進めるため、三国時代にはこの竹嶺を越えて新羅が大きく勢力を広げた。竹嶺を抜ける道は高麗時代、朝鮮時代にも広く活用され、当時の9大路である嶺南大路(左路)の経路に含まれている。現在の交通網にも大きな影響を残しており、かつてと同じルートを中央高速道路と中央本線が通っている。

食文化の背景

栄州市は「ソンビの里」とのキャッチコピーを掲げており、ソンビとは朝鮮時代の儒学者を指す。韓国初の書院(私塾)である紹修書院が置かれたように、地域の教育熱は高く中央へと多くの官僚を輩出した。中央との関係性が近かったこともあってか、栄州市の郷土料理であるテピョンチョ(そば寒天入りキムチ鍋、태평초)は宮中料理のタンピョンチェ(宮中式の和え物/탕평채)にルーツがあるとされる。産業としては農業、畜産業が盛んに行われており、中でも昼夜の寒暖差が大きい小白山麓ではリンゴ、ブドウ、モモなど良質の果物がとれる。市内の豊基(プンギ、풍기)地区は高麗人参の産地として全国的に有名であり、また韓方材としては長芋、何首烏(ツルドクダミ、하수오)なども産する。食品以外では人絹(インギョン、인경)と呼ばれる再生繊維(レーヨン)の生産が盛んで、それを用いた衣類や寝具などが名産とされる。

代表的な料理

カルビサル(牛カルビ焼き/갈비살)

カルビサルは、骨なしの牛カルビ焼き(「カルビサル(骨なしの牛カルビ焼き/갈비살)」の項目も参照)。小白山で飼育された牛肉は、栄州韓牛(ヨンジュハヌ、영주한우)と呼ばれ地元の名産品となっている。市の中心部である栄州洞や栄州駅周辺には焼肉店が集まっており、そこでは他の部位よりも圧倒的にカルビサルが人気を集める。カルビサルとは牛カルビを焼いたものだが、骨から外した肉を食べやすい大きさに切って焼くスタイルを指す。

テピョンチョ(そば寒天入りキムチ鍋/태평초)

テピョンチョ
テピョンチョはそば粉のでんぷんを固めて作るメミルムク(매밀묵)を入れたキムチ鍋。ほかに豚肉や刻んだ白菜キムチなどが具として入り、海苔や錦糸卵を飾りとして散らす。栄州市順興面では古くからそばの栽培が盛んで、とれたそば粉をメミルムクにして、ムッパプ(ムクのスープごはん/묵밥)や、テピョンチョを作って食べたという。栄州市下望洞に位置する「伝統ムッチプ食堂(전통묵집식당)」の朴勝昌社長によれば、このテピョンチョという料理は「宮中料理のタンピョンチェに由来し、それを庶民的に解釈したもの」だという。また70代の朴社長にとって「テピョンチョは子どもの頃のご馳走料理であり、家に来客があった際に母や祖母が作ってくれた」と語る(八田靖史の取材記録より、2014年5月4日)。市内にテピョンチョを出す飲食店は「伝統ムッチプ食堂」のほか、「元祖順興ムッチプ(원조순흥묵집)」「順興伝統ムッチプ(순흥전통묵집)」などがある。

ムノスッケ(茹でタコ/문어숙회)

1955年に嶺東線が開通し、栄州市から江原道の東海岸地域への物流が盛んになった。さまざまな魚介類が鮮度を保ったまま内陸部の栄州市まで運ばれることになり、その代表的なひとつが東海市などでとれるマダコ(왜문어)であった(マダコは참문어피문어などとも呼ばれる)[2]。栄州ではこの頃から祭祀膳に捧げる定番としてマダコが使われるようになり、これを食べやすくスライスしたものがムノスッケ(茹でタコ、문어숙회)である。なお、ムノ(문어)とは本来ミズダコを指すが、マダコの意味で使われることも多い。スッケ(숙회)とは主に茹でることで熱を通した刺身のことを総称する。また、栄州市の名産になったことから、地域名を冠して「栄州ムノ(영주문어)」と呼ぶこともある。

タッパル(鶏足焼き/닭발)

タッパルは鶏の足を焼いたもの(「タッパル(鶏足焼き/닭발)」の項目も参照)。栄州市ではピョオムヌンタッパル(骨なしの鶏足焼き、뼈없는 닭발)を主流とし、ピリ辛のタレで味付けをしたものを炭火で網焼きにする。市内にはタッパルの専門店が各地に点在するが、その背景には養鶏業が盛んであることがあげられる(代表的な特産品 鶏卵参照)。

センガンドノッ(ショウガドーナツ/생강도넛)

センガンドノッはもち米で作った揚げ菓子にショウガやピーナッツをまぶしたもの。豊基邑山法里(プンギウプ サンボムニ、풍기읍 산법리)地区に本店を置く「情ドーナツ(정도너츠)」の看板商品で、原材料のもち米やショウガは栄州産のものを使用している。同店はもともと1982年に「チョンア粉食(정아분식)」として創業し、一般的な食堂として営業をしていたが、メニューのひとつであったセンガンドノッが評判を集め、2008年に現在の「情ドーナツ」へと店名を変更した[3]。現在はフランチャイズ化し、ソウル市や、釜山市などにも店舗を構える。なお、ドーナツの正式な韓国語表記は「도넛」であるが、「情ドーナツ」では「도너츠」を採用している。店舗におけるメニュー名も、正しくは「センガンドノチュ(생강도너츠)」である。

コグマパン(サツマイモ饅頭/고구마빵)

コグマパンはサツマイモあんを中に詰めた焼き菓子。鳳峴面大村里(ポンヒョンミョン テチョルリ、봉현면 대촌리)地区に本店を置く「ミソモグムゴ(미소머금고)」が2006年に開発し、栄州の新たな名物として広まった。栄州産のサツマイモを使ったパイや、ガレットなどの商品も販売している。また、2010年に創業した「コグマム(고구맘)」はサツマイモのパイを中心としつつ、コグマパンも扱っている。

キジトク(蒸し餅/기지떡)

順興(スヌン、순흥)地区で作られている伝統的な蒸し餅。栄州ではキジトクと呼ばれるが、他地域ではチュンピョン(マッコリで発酵させた餅/증편)、キジュトク(기주떡)、スルトク(술떡)といった呼び名も用いられる。うるち米を主原料に、マッコリを加えて発酵させるのが特徴。市内では老舗店の「順興キジトク(순흥기지떡)」が有名であり、順興本店のほか栄州市外バスターミナルにも支店がある。

代表的な特産品

北部の小白山麓では農業、畜産業が盛んに行われている。リンゴ、ブドウ、モモなどの果物が有名であるほか、豊基地区の高麗人参や、栄州韓牛、浮石面(プソンミョン、부석면)地区でとれる大豆の評価も高い。

高麗人参

豊基高麗人参市場
栄州市の豊基地区は高麗人参の栽培地、集散地として全国的に有名である。豊基駅前には高麗人参市場が広がり、全国各地から高麗人参を仕入れにくる人たちで賑わう。一帯では水参(生の高麗人参)のほか、紅参(燻蒸した高麗人参)、茶や菓子などの加工品を販売する店が並ぶほか、高麗人参を使った料理を提供する飲食店もある。高麗人参を使った料理は市場のみならず、栄州市内の各地域で名物となっており、同じく栄州の名産である牛肉と組み合わせた、インサムカルビタン(高麗人参と牛カルビのスープ、인삼갈비탕)や、インサムソルロンタン(高麗人参と牛肉のスープ、인삼설렁탕)、そのほかインサムマンドゥ(高麗人参餃子、인삼만두)といった料理を味わえる。また、2014年には豊基高麗人参を使ったビールが開発され、新たな名物として注目を集めている。
  • 豊基高麗人参の歴史
三国史記(新羅本紀第八)を見ると、734年に新羅の聖徳王(第33代)が唐へと賀正使を派遣した際、高麗人参200本を送ったという記録がある[4]。小白山一帯は新羅における代表的な山参(天然の高麗人参)の産地であり、栄州市では豊基高麗人参のもっとも古い記録と位置付けている。また、朝鮮時代の1541年に豊基郡守として赴任した周世鵬は、豊基地区が高麗人参の栽培に適していることを見出し、山参の種をまいて高麗人参栽培に力を注いだ[5]
  • 豊基高麗人参祭り
毎年10月に豊基邑の南院川(ナムォンチョン、남원천)沿いで催される[6]

リンゴ

小白山の山麓地域である浮石面地区で主に栽培される。一帯は昼夜の寒暖差が大きく、香りと糖度の高いリンゴが生産される。2015年の栽培面積は3296.8ha、生産量は10万514.9トンでいずれも韓国1位である[7]

品種
主な品種は日本由来のふじであり、韓国語ではプサ(부사)と呼ばれる。また、つがるやシナノゴールドなど他の日本品種も多く、そのほか韓国品種としては秋夕(陰暦8月15日)の時期に贈答用として流通する高級品種の紅露(ホンノ、홍로)が知られる。
リンゴを使った加工品
栄州では特産品のリンゴを活かした加工品が多く生産されている。
  • サグァマルレンイ
サグァマルレンイ
サグァマルレンイ(사과말랭이)は栄州市の特産品であるリンゴをスライスしてスナック風に乾燥させたもの。浮石寺の参道に露店がたくさん出ている。露店ごとに味がずいぶんと異なり、甘味の強いもの、酸味の強いもの、食感のサクサクしたものとそうでないものがあるため、できれば試食をしたうえで、自分の好みに合ったものを探すのが肝要である。
  • アップルパイ
浮石面韶川里(プソンミョン ソチョルリ、부석면 소천리)地区にある「APPLEBEAN COFFEE(애플빈 커피)」はリンゴをコンセプトとしたカフェである。実家で栽培した栄州産リンゴのアップルパイをはじめ、アップルシナモンケーキ、アップルパンといったスイーツを揃える。アップルティーや、アップルエードといったドリンクも提供。
  • リンゴとんかつ
浮石面韶川里にある「セマウル食堂(새마을식당)」ではソースにリンゴ果汁を加え、煮リンゴをトッピングしたトンカス(トンカツ/돈가스)を提供している。
  • リンゴ酢
伝統方式の味噌や醤油を生産する伊山面池洞里(イサンミョン チドンニ、이산면 지동리)地区の「無愁村テンジャンマウル(무수촌 된장마을)」では栄州産のリンゴを用いた長期熟成のリンゴ酢を扱っている。
  • 韓菓
可興洞(カフンドン、가흥동)地区の「ソンビ村韓菓(선비촌한과)」ではリンゴで作った水飴(조청)、またその水飴を用いた伝統菓子(한과)、シッケ(甘酒/식혜)などを生産している。
栄州リンゴ祭り(영주사과축제)
毎年10月下旬に開催される。

韓牛

地名を冠して栄州韓牛(ヨンジュハヌ、영주한우)と呼ばれる。小白山の清涼な自然の中で飼育されており全国的にも評価が高い。栄州市内では栄州韓牛を用いた焼肉のカルビサル(骨なしの牛カルビ焼き/갈비살)が人気を集めるほか、ユッケピビムパプ(牛刺身載せビビンバ/육회비빔밥)を専門とする店もある。
  • 栄州韓牛プラザのソウル進出
2016年4月8日にソウル市の瑞草区新院洞(ソチョグ シヌォンドン、서초구 신원동)地区に栄州畜産協同組合が運営する「栄州韓牛プラザ清渓山駅店」がオープンした。

大豆

浮石太を用いたチョングッチャン
北部の浮石面でとれる大豆は地名から浮石太(プソクテ、부석태)の名前でブランド化されている。標準的な大豆の百粒重(百粒の重さ)が25~30gであるのに対し、浮石太は40gほどと大粒である。この大豆を用いたチョングッチャン(韓国式の納豆汁/청국장)なども名物料理のひとつに数えられる。
  • 大豆を使った加工品
伊山面池洞里の「無愁村テンジャンマウル(무수촌 된장마을)」では上述の浮石太を原料とした伝統製法の味噌(된장)、醤油(간장)を生産している。

鶏卵

2018年6月現在、栄州市における産卵鶏の飼育頭数は約277万羽であり、京畿道抱川市忠清北道天安市に次いで全国第3位である[8]

代表的な酒類・飲料

栄州市のマッコリ

主要な銘柄に栄州醸造場の「栄州小白酒(영주 소백주)」、マンス酒造の「栄州生濁(영주생탁)」がある。マンス酒造では特産品の高麗人参を用いた「紅参マッコリ(홍삼막걸리)」も生産している。

小白山五精酒

小白山五精酒は米と麦麹で造られた蒸留酒。黄精(ナルコユリの根茎)、蒼朮(ホソバオケラの根)、松葉、地骨皮(クコの木の根皮)、天門冬(クサスギカズラの根)という5種類の韓方材を用いることから五精酒との名前がついた。現在は古峴洞(コヒョンドン、고현동)地区で生産されている。

ジュネットワイン

丹山面(タンサンミョン、단산면)地区で栽培されたブドウで造るワイン。ジュネット(Junete)はフランス語の「私」と、イタリア語の「純潔、純粋」という意味の言葉を掛け合わせたもの。

豊基高麗人参ビール

豊基高麗人参ビール
豊基高麗人参を加えて造ったビール。豊基邑山法里にあるテギョンビール(대경맥주)が2014年に新しく開発し、販売が始まった。

栄州ヨーグルト

上望洞(サンマンドン、상망동)地区の鎬洙牧場(호수목장)が生産している飲むヨーグルト。同牧場ではチーズも生産、販売している。

飲食店情報

以下は韓食ペディアの執筆者である八田靖史が実際に訪れた店を列挙している。

  • コグマム豊基IC店(고구맘 풍기IC점)
住所:慶尚北道栄州市鳳峴面小白路1757-1(梧峴里154-3)
住所:경상북도 영주시 소백로 1757-1(오현리 154-3)
電話:054-638-5955
料理:コグマパン(サツマイモ饅頭)
  • 大地韓牛食肉食堂(대지한우식육식당)
住所:慶尚北道栄州市ソンビ路46(休川2洞315-4)
住所:경상북도 영주시 선비로 46(휴천2동 315-4)
電話:054-633-3392
料理:栄州韓牛の焼肉
  • 東南風(동남풍)
住所:慶尚北道栄州市繁栄路173番キル13(栄州洞330-14)
住所:경상북도 영주시 번영로173번길 13(영주동 330-14)
電話:054-635-6842
料理:栄州韓牛のカルビサル(骨なしの牛カルビ焼き)
  • トンチョク食堂(동쪽식당)
住所:慶尚北道栄州市郷校キル30(下望洞224-1)
住所:경상북도 영주시 향교길 30(하망동 224-1)
電話:054-636-1407
料理:ソンイジョンゴル(栄州韓牛とマツタケの鍋)
  • ランドローバートッポッキ(랜드로버 떡볶이)
住所:慶尚北道栄州市亀城路350番キル15(栄州1洞376-8)
住所:경상북도 영주시 구성로350번길 15(영주1동 376-8)
電話:なし
料理:トッポッキ(餅炒め)
  • ミソモグムゴ(미소머금고)
住所:慶尚北道栄州市鳳峴面小白路1727(大村里508)
住所:경상북도 영주시 봉현면 소백로 1727(대촌리 508)
電話:054-636-1599
料理:コグマパン(サツマイモ饅頭)
  • セマウル食堂(새마울식당)
住所:慶尚北道栄州市浮石面韶川路45(韶川里383-80)
住所:경상북도 영주시 부석면 소천로 45(소천리 383-80)
電話:054-633-3063
料理:リンゴトンカツ
  • ソムンナンアムソカルビ(소문난암소갈비)
住所:慶尚北道栄州市順興面順興路50-1(邑内里297-7)
住所:경상북도 영주시 순흥면 순흥로 50-1(읍내리 297-7)
電話:054-633-2030
料理:栄州韓牛の焼肉
  • 西部冷麺(서부냉면)
住所:慶尚北道栄州市豊基邑人参路3番キル26(西部里132-2)
住所:경상북도 영주시 풍기읍 인삼로3번길 26(서부리 132-2)
電話:054-636-2457
料理:ネンミョン(冷麺)
  • 順興キジトク(순흥기지떡)
住所:慶尚北道栄州市順興面小白路2657(邑内里2390)
住所:경상북도 영주시 순흥면 소백로 2657(읍내리 239)
電話:054-633-2016
料理:キジトク(蒸し餅)インジョルミ(きなこ餅)
  • APPLEBEAN COFFEE(애플빈 커피)
住所:慶尚北道栄州市浮石面浮石寺路1(韶川里388-8)
住所:경상북도 영주시 부석면 부석사로 1(소천리 388-8)
電話:054-632-4013
料理:アップルパイ
  • 薬膳堂(약선당)
住所:慶尚北道栄州市鳳峴面愼齋路887-14(梧峴里240-9)
住所:경상북도 영주시 봉현면 신재로 887-14(오현리 240-9)
電話:054-638-2728
料理:高麗人参定食
  • ヨンシンスップル会館(영신한우숯불회관)
住所:慶尚北道栄州市繁栄路173番キル5(栄州洞330-8)
住所:경상북도 영주시 번영로173번길 5(영주동 330-8)
電話:054-634-4589
料理:栄州韓牛のカルビサル(骨なしの牛カルビ焼き)
  • 芸郷(예향)
住所:慶尚北道栄州市コットンサン路40番キル11(可興洞1381-37)
住所:경상북도 영주시 꽃동산로40번길 11(가흥동 1381-37)
電話:054-637-7238
料理:トルソッパプ(釜飯)
  • ユミョンハンタッパル(유명한닭발)
住所:慶尚北道栄州市伊山面伊山路252(院里306-3)
住所:경상북도 영주시 이산면 이산로 252(원리 306-3)
電話:054-631-8838
料理:タッパル(鶏足焼き)
  • 伝統ムッチプ食堂(전통묵집식당)
住所:慶尚北道栄州市元塘路163番キル24(下望洞316-33)
住所:경상북도 영주시 원당로163번길 24(하망동 316-33)
電話:054-632-9284
料理:テピョンチョ(そば寒天入りキムチ鍋)
  • 情ドーナツ本店(정도너츠 본점)
住所:慶尚北道栄州市豊基邑小白路2000(山法里 342)
住所:경상북도 영주시 풍기읍 소백로 2000(산법리 342)
電話:054-636-0071
料理:センガンドノッ(ショウガドーナツ)
  • 即席カルグクスチプ(즉석칼국수집)
住所:慶尚北道栄州市元塘路147番キル29(下望洞328-6)
住所:경상북도 영주시 원당로147번길 29(하망동 328-6)
電話:054-637-5819
料理:カルグクス(韓国式の手打ちうどん)コングクス(豆乳麺)
  • トジュッテガム(터줏대감)
住所:慶尚北道栄州市智川路105-1(休川洞642-137)
住所:경상북도 영주시 지천로 105-1(휴천동 642-137)
電話:054-633-9221
料理:ムノスッケ(茹でダコ)、栄州韓牛のユッケ(牛刺身)
  • ハンギョルチョングッチャン(한결청국장)
住所:慶尚北道栄州市豊基邑人参路1-1(西部里138-10)
住所:경상북도 영주시 풍기읍 인삼로 1-1(서부리 138-10)
電話:054-636-3224
料理:チョングッチャン(韓国式の納豆汁)
  • フンブ家(흥부가)
住所:慶尚北道栄州市大学路92(可興1洞1381-137)
住所:경상북도 영주시 대학로 92(가흥1동 1381-137)
電話:054-638-2094
料理:ユッケピビムパプ(牛刺身載せビビンバ)

エピソード

  • 韓食ペディアの執筆者である八田靖史は2014年5月に初めて栄州市を訪れた。きっかけとなったのは栄州市出身の韓国語教師が生徒向けに企画した故郷を訪ねる旅行であり、その韓国語教室に通っている友人からの誘いで部外者ながら同行をすることになった。その旅行を通じて市の観光担当を紹介され、短時間で地域の食文化を理解することができた。関係諸氏には特別に謝意を表したい。
  • 韓食ペディアの執筆者である八田靖史は2015年6月1日に栄州市広報大使を拝命した。また、日本で韓国語講師として活躍する栄州市出身の池成林(지성림)氏も同日広報大使を拝命している[9]

脚注

  1. 주민등록 인구 및 세대현황 、行政安全部ウェブサイト、2018年8月14日閲覧
  2. 영주문어 、栄州市文化観光、2016年12月13日閲覧
  3. 회사연역 、情ドーナツウェブサイト、2014年11月20日閲覧
  4. 三國史記 > 新羅本紀 第八 、韓国史データベース、2014年11月20日閲覧
  5. 영주풍기인삼축제 、栄州市文化観光、2014年11月20日閲覧
  6. 豊基高麗人参祭り 、豊基高麗人参祭り公式ウェブサイト、2014年11月20日閲覧
  7. 2015년도 경상북도 사과재배 현황
  8. 닭 시군구/용도별 가구수 및 마리수 、統計庁資料、2018年8月14日閲覧
  9. 栄州市の広報大使を拝命しました~まずは名前だけでも覚えて帰ってください。 、韓食生活、2016年12月13日閲覧

外部リンク

関連サイト
制作者関連サイト

関連項目