センソンフェ(刺身/생선회)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

センソンフェ생선회)は、魚の刺身。

名称

センソンフェの、センソン(생선)は漢字で「生鮮」と書いて魚のこと。フェ()は漢字で「膾」、または「鱠」と書いて刺身を表す。センソンを省略して単にフェと呼ぶことも多い。また日本語の「サシミ(사시미)」という言葉も残る。本辞典ではセンソンフェと表記する。発音表記は[생선회/생선훼]。

  • フェの範囲
フェは漢字で「膾」と書く。魚のフェを「鱠」と表記することもあるが、センソンフェのセンソンが魚を意味するように、膾は魚介、肉、野菜などにまたがって使用される。また、センフェ(生膾、[[생회)、スッケ(=スクフェ、熟膾、숙회)という分類もあり、必ずしも生食するだけでなく、さっとゆがくなど熱を加えたものもフェに分類される。肉を用いたフェといえば、もっとも代表的な例がユッケ(牛刺身/육회)であり、漢字では「肉膾」と書く。また、牛レバー()の刺身をカンフェ(간회)、センマイ(처녑)の刺身をチョニョプフェ(처녑회)とも呼ぶ。野菜の場合も、タラの芽(두릅)をゆがいてチョコチュジャン(唐辛子酢味噌、초고추장)につけて食べる料理をトゥルプフェ(두릅회)と呼ぶ。

概要

センソンフェ생선회)は、魚の刺身。韓国では主に白身魚の刺身が好まれ、ヒラメ、マダイ、スズキ、クロソイ、ボラ、カレイなどの魚をよく用いる。ワサビ醤油で味わうほか、チョジャン(초장)、チョコチュジャン(초고추장)と呼ばれる唐辛子味噌につけたり、サンチュ(상추)やエゴマの葉に包んで食べることも多い。刺身店、海鮮料理店、日式料理店、水産市場などで味わえるほか、韓定食などコース料理の一品としても登場することがある。類似の料理としては、ユッケ(牛刺身/육회)や、ムルフェ(水刺身/물회)フェムチム(刺身和え/회무침)があり、またセンソンフェを具とした、フェネンミョン(刺身冷麺/회냉면)フェトッパプ(刺身丼/회덮밥)といった料理もある。

歴史

センソンフェは魚を生食する料理であり、その歴史を明確にさかのぼるのは難しい。文献上は高麗時代までさかのぼる。

文献上の記録

『東国李相国集』(1241年)の記述
高麗時代の文人である李奎報(イ・ギュボ、이규보)の作品をまとめた『東国李相国集』の後集、「南軒偶吟」という四行詩にフェ(膾)が登場する(原文1)。3行目の部分が「赤い魚を刺身(膾)にして酒の肴にして」という意味である。
【原文1】
「南軒長老日高眠 起擁孤衾坐壞氊 膾却紅鱗方喫得 半傾甁醞已頹然」

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目