ユッケ(牛刺身/육회)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。掲載されている情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。また、内容は随時修正されます。
ユッケ

ユッケ육회)は、牛刺身。

概要

漢字では「肉膾」と書き、ユッ()は肉、ケ=フェ()は刺身を意味する。「ユッ」「フェ」の2文字が連音化(リエゾン)してユッケと発音する。生の牛赤身肉を細切りにし、醤油ダレ、またはコチュジャンダレと混ぜ合わせて味わう。千切りにした梨、卵黄、松の実などを添えることも多い。主に焼肉店で提供されるメニューであり、居酒屋、韓定食店などでも扱う。また、ユッケをピビムパプ(ビビンバ/비빔밥)に載せて食べることもあり、こちらはユッケピビムパプ(牛刺身載せビビンバ/육회비빔밥)と呼ぶ。生食する牛肉部位としては、ほかに、レバー、センマイなどがある。

種類

コチュジャンユッケ
コチュジャンユッケ(コチュジャン味の牛刺身/고추장육회)
コチュジャンユッケ(고추장육회)は、コチュジャンで味付けをしたユッケ。南西部の全羅道(チョルラド、전라도)地域ではコチュジャンユッケが主流であることから全羅道式とも呼ぶ。コチュジャンユッケに対して、醤油ダレで味付けをするものはカンジャンユッケ(간장육회)と呼ぶ。
ユクサシミ(牛刺身/육사시미)
ユクサシミ(육사시미)は、牛刺身。ユク()は肉(牛肉)、サシミ(사시미)は日本語の刺身が定着したもの。センゴギ(생고기)とも呼ぶ。牛の赤身肉をひと口大の薄切りにして、キルムジャン(塩ゴマ油、기름장)やコチュジャン(고추장)などのタレにつけて味わう。刺身のような薄切りにして、つけダレで味わう点でユッケとは異なる。大邱市ではムンティギ(뭉티기)、蔚山市蔚州郡の鳳渓(ポンゲ、봉계)地区ではカクトゥギユッケ(角切りユッケ、깍두기육회)の名前でも呼ばれる。
ユッケピビムパプ(牛刺身載せビビンバ/육회비빔밥)
ユッケピビムパプ(육회비빔밥)は、牛刺身載せビビンバ。詳細は「ユッケピビムパプ(牛刺身載せビビンバ/육회비빔밥)」の項目を参照。
ユッケムルフェ(牛肉の水刺身/육회물회) ===
ユッケムルフェ
ユッケムルフェ(육회물회)は、牛肉の水刺身(「ムルフェ(水刺身/물회)」の項目も参照)。韓牛(한우)を使用したものはハヌムルフェ(한우물회)とも呼ぶ。ユッケを千切りのキュウリや梨などとともに、甘辛酸っぱい味わいの冷たいスープに入れて味わう。別途、提供される素麺(국수)やごはんを入れても味わう。蔚山市の老舗ピビムパプ(ビビンバ/비빔밥)店「咸陽チプ(함양집)」が、2014年に慶尚北道慶州市の北軍洞(プックンドン、북군동)で支店を開き、そこでハヌムルフェが評判を集めたことで地域の新たな名物となっている。
ユッケタンタンイ(牛肉のテナガダコの刺身/육회탕탕이)
ユッケタンタンイ(육회탕탕이)は、牛肉のテナガダコの刺身(「サンナクチ(テナガダコの踊り食い/산낙지)」の項目も参照)。ユッケとナクチタンタンイ(テナガダコの踊り食い/낙지탕탕이)を掛け合わせた料理で、ユッケに活きたままぶつ切りにしたテナガダコを混ぜ合わせて味わう。ユッケとナクチ(テナガダコ、낙지)を略して「ユンナク(육낙)」とも呼ぶ。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目