チョン(チヂミ/전)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

チョン)は、チヂミ。チョン()は、漢字で「煎」と書いて、野菜、魚介、肉などに、小麦粉や溶き卵の衣をつけて鉄板で焼いたものを表す。プチムゲ(부침개)、チョニュオ(煎油魚、전유어)、チョニャ(저냐)とも呼ばれる。日本ではチヂミ(지짐이)と呼ばれることが多いが、韓国ではチョン、またはプチムゲのほうを使うことが多い。前につく食材名によってはジョンと発音されることも多い。お好み焼き状に平たく焼く場合と、食材をひと口大に切ってピカタ風に焼く場合に分かれる。代表的な食材としては、葉ネギ、ジャガイモ、カボチャの未熟果(ズッキーニの品種違い、애호박)、青唐辛子、エゴマの葉、緑豆、シイタケ、白身魚、牡蠣、海藻、ひき肉、牛肉、豆腐、キムチなどがあげられる。中でもパジョン(ネギのチヂミ/파전)や、カムジャジョン(ジャガイモのチヂミ/감자전)キムチジョン(キムチ入りのチヂミ/김치전)などは定番である。家庭料理として作られるほか、居酒屋、民俗酒場では定番のメニューであり、特にマッコリ(막걸리)との相性がよいとされる。いくつかのチョンを盛り合わせた、モドゥムジョン(チヂミ盛り合わせ/모둠전)がメニューに並ぶことも多い。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目