ピンデトク(緑豆のお焼き/빈대떡)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

ピンデトク빈대떡)は、緑豆のお焼き。ノクトゥ(緑豆、녹두)を主材料とすることから、ノクトゥジョン(녹두전)、ノクトゥチヂミ(녹두지짐이)とも呼ばれる。かつてはピンジャトク(貧者餅、빈자떡)とも呼ばれた。ピンデトクは緑豆の生地を鉄板やフライパンで焼いて作る。生地は石臼やミキサーなどでで粗めに挽いた緑豆をベースとし、緑豆モヤシ、白菜キムチ、豚肉などの具を加える。塩などで軽く味付けもするが、食べる際につけダレとしてヤンニョムジャン(醤油ダレ、양념장)も用意される。居酒屋、民俗酒場などでは定番のメニューであり、マッコリ(韓国式の濁酒/막걸리)と相性がよい料理としても有名である。

名称

ピンデトクのピンデは語源が諸説あり、韓国語でトコジラミ(南京虫)を意味するピンデ(빈대)に形状が似ているとする説や、賓客をもてなす料理との意味からピンデ(賓待、빈대)と名付けたという説などがある。トク()は餅を意味する。同じ意味の単語として、ノクトゥジョン(緑豆のお焼き、녹두전)、ノクトゥチヂミ(緑豆のチヂミ、녹두지짐이)なども用いられる。日本語での表記としては、「ピンデトッ」「ピンデットク」「ピンデットッ」などが使われるが、本辞典ではピンデトクと表記する。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目