ヨンポタン(テナガダコのスープ/연포탕)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

ヨンポタン연포탕)は、テナガダコのスープ。ヨンポ(연포)は漢字で「軟泡」と書いて豆腐のこと。タン()は漢字で「湯」と書いては鍋料理、スープの意。ヨンポタンとは本来豆腐と鶏肉を煮込んだスープを指す料理名であったが、時代の流れとともに鶏肉が牛肉、そしてテナガダコへと変化し、また豆腐も入れなくなって、いつしかテナガダコのスープをヨンポタンと呼ぶようになったと説明される。テナガダコのことをナクチ(낙지)と呼ぶことから、ナクチヨンポタン(낙지연포탕)とも呼ぶ。丸ごとのテナガダコを、野菜とともに鍋で煮込んで作る。味付けは薄い塩味程度に留め、テナガダコが持つ素材の味を活かして楽しむ。主にテナガダコ料理の専門店や、海鮮料理店などで味わう料理である。テナガダコを用いた料理としては、ほかにナクチボックム(テナガダコ炒め/낙지볶음)プルラクジョンゴル(牛肉とテナガダコの鍋/불낙전골)サンナクチ(テナガダコの踊り食い/산낙지)などがある。また、ヨンポタンに牛カルビを加えて煮込んだスープは、カルラクタン(牛カルビとテナガダコのスープ/갈낙탕)と呼ぶ。テナガダコは西海岸、南海岸で多く水揚げされ、ヨンポタンを含めたテナガダコ料理は忠清南道や、全羅南道の郷土料理としても親しまれる。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目