テジクッパプ(豚のスープごはん/돼지국밥)

この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。掲載されている情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。また、内容は随時修正されます。

テジクッパプ돼지국밥)は、豚のスープごはん。

テジクッパプ(タロクッパプ)

概要

テジ(돼지)は豚。クッパプ(국밥)はスープにごはんを入れた料理(クッパ)の総称。豚骨、豚肉、豚の内臓などを長時間煮込んで作ったスープにごはんを入れ、薄切りにした茹で豚、素麺、刻みネギなどを具として加える。味付けはごく薄い塩味で、食べる際に塩や、アミの塩辛(새우젓)、ニラのキムチ(부추김치)などを加えて調節をする。釜山市慶尚南道を中心とした南東部地域の郷土料理である。

名称

テジクッパプのテジ(돼지)は豚、クッパプ(국밥)はスープにごはんを入れた料理の総称。日本では「テジクッパ」「デジクッパ」「豚クッパ」などの表記も見かけるが、本辞典では「テジクッパプ」を使用する。発音表記は[돼지국빱]。

  • 日本語訳
もっとも簡易な訳として「豚クッパ」「豚肉クッパ」が多く用いられる。本辞典では「クッパ(=クッパプ、국밥)」の訳を「スープごはん」で統一していることから、「豚のスープごはん」としている。

概要

 
店頭の釜でスープを煮る様子
テジクッパプは豚骨ベースのスープに、薄切りの茹で豚や、ごはんなどを入れた料理。サゴル(사골)と呼ばれる四肢の骨(げんこつ)を主に使用し、豚肉、豚の内臓、香味野菜なども加えて濃厚なスープを作る。店によっては牛骨を用いることもある。専門店では巨大な釜でこれらを煮込んでゆくが、24時間火を落とさずに煮出すところも珍しくない。煮込んだスープは丁寧に脂を除き、濃厚ではあってもくどさは出ないように仕上げる。味付けは店によって薄い塩味に仕立てることもあるが、この段階では何も味付けをしないことも多い。器にごはんを盛り付けてスープを注ぎ、茹で豚、刻みネギなどを加えて提供し、味付けは食べる人が好みに応じて整えるのが一般的である。専門店では好みによって盛り付けや、具の種類を選ぶこともできる(種類参照)。

注文方法

テジクッパプの専門店では細かな食べ方のリクエストに対応しているところがある。多くの店ではごはんにスープをかけて提供するが、そのごはんを別盛りにしたものをタロクッパプ(따로국밥)と呼び、またごはんだけでなく具の豚肉も別盛りにしたものをスユクペッパン(수육백반)と呼ぶ。具も豚肉だけでなくネジャン(내장、内臓)や、スンデ(韓国式の腸詰/순대)を追加できたり、サルコギ(비계、赤身肉)、ピゲ(비계、脂身)など脂の有無も希望できる。

食べ方

 
卓上に用意されたニラキムチとアミの塩辛(右下)
テジクッパプのスープはごく薄い塩味か、または味付けがなされない状態で提供されることが多い。卓上には塩、アミの塩辛(새우젓)、タデギ(唐辛子ペースト、다대기)、ニラのキムチ(부추김치)など用意されるので、これらを好みで加えて味わう。
  • 素麺
テジクッパプに沿えて小皿に素麺の麺がついてくることがある。これは米が貴重だった時代に麺で代用したもので、スープの中に入れて味わう。また、最初から素麺が入って出てくる場合もある。

歴史

テジクッパプの由来については明確なことがわかっていない。1930年代に慶尚南道密陽市で誕生したとの説があるほか、朝鮮戦争後の1950~60年代にかけて広く拡散したとみられ、その背景についてはさまざまな説がある。韓国学中央研究院が制作する「韓国郷土文化電子大典」内の「釜山歴史文化大典」では、テジクッパプのルーツについて以下の説を紹介している[1]

  • ソルロンタンの代用説
当時、牛よりも手に入れやすかった豚の副産物でソルロンタン(牛スープ/설렁탕)に似た料理を作ったことから発展した。
  • スンデクッパプの代用説
朝鮮戦争のため北部から避難してきた人たちが、平安道や咸鏡道などの郷土料理であるスンデクッ(腸詰入りのスープ/순대국)を作るにあたり、手のかかるスンデ(韓国式の腸詰/순대)を茹で豚に簡略化してテジクッパプを作った。また、「釜山歴史文化大典」ではその典拠として、1952年に釜山市の中区東光洞(チュング トングァンドン、중구 동광동)で創業した老舗テジクッパプ店「ハドンチプ(하동집)」(現在は閉店)の主人が語ったものとしている。

1930年代

 
密陽式のテジクッパプ
1938年に慶尚南道密陽市の武安市場(ムアンシジャン、무안시장)で誕生したとの説がある[2]密陽市にはテジクッパプを専門とする老舗が多く、地名を冠して密陽テジクッパプ(밀양돼지국밥)の名前でも呼ばれる。武安市場内で「梁山食堂(양산식당)」を営んでいたチェ・ソンダル(최성달)氏が初めて作ったとされ、同店の系譜は一族によって受け継がれており、「梁山食堂」が現在は「東部食肉食堂(동부식육식당)」と名前を変えて営業を続けているほか、姉妹店として近隣に「武安食肉食堂(무안식육식당)」「第一食肉食堂(제일식육식당)」がある。

1940年代

  • 「松亭3代クッパプ」の開店
釜山市の釜山鎮区釜田洞(プサンジング プジョンドン、부산진구 부정동)にある「松亭3代クッパプ(송정3대국밥)」は1946年に、同じ釜山鎮区蓮池洞(ヨンジドン、연지동)の蓮池市場(ヨンジシジャン、연지시장)にて創業した。当初は市場内で露店として営業を始め、1960年代初めに現在の場所へと移転している。

1950年代

  • 「ハドンチプ」の開店
釜山市の中区東光洞3街(チュング トングァンドンサムガ、중구 동광동3가)にかつてあった「ハドンチプ(하동집)」は1952年の創業であり、テジクッパプの店としての事業者申告はもっとも早かったとする説がある[3]。現在は閉店。
  • 「凡一洞ハルメクッパプ」の開店
釜山市の東区凡一洞(トング ポミルトン、동구 범일동)にある「凡一洞ハルメクッパプ(범일동 할매국밥)」は1956年に創業した。

種類

 
スンデや内臓などを盛り合わせたスユク

テジクッパプには次のような種類がある。

テジクッパプのごはんを別盛りにしたもの。タロ(따로)は別々にという意味で、他のクッパプにおいても同様の表現を用いる(「タロクッパプ(別盛のスープごはん/따로국밥)」の項目も参照)。
テジクッパプの具を内臓だけにしたもの。ネジャン(내장)は内臓を意味する。
テジクッパプの具を腸詰めだけにしたもの。または豚肉、内臓などに腸詰めを加えたもの。スンデ(순대)は腸詰めを意味する(「スンデ(韓国式の腸詰/순대)」の項目も参照)。
テジクッパプのごはん、具を別盛りにしたもの。スユク(수육)は茹で肉を意味し、ペッパン(백반)は定食を意味する。
テジクッパプからごはんを抜いたもの。スルクッ(술국)は酒肴用のスープを意味し、スープと具をつまみながら酒を飲むことを想定したメニューである(「スルクッ(酒肴用のスープ/술국)」の項目も参照)。
テジクッパプの具だけを皿に盛り付けたもの。スユク(수육)は茹で肉を意味し、主に酒肴用のサイドメニューとして提供される(「スユク(牛茹で肉の薄切り/수육)」の項目も参照)。

日本における定着

2010年代の後半頃から少しずつ提供店が増えている。

エピソード

  • 韓食ペディアの執筆者である八田靖史は1997年2月に初めて釜山を訪れ、地元の大学生に連れられて初めてテジクッパプを食べた。その後、ソウルへ移動した際、その美味しさについて語ってみると、「テジクッパプではなく、テジトッパプ(豚丼、돼지덮밥)の間違いではないか」と問われ、ソウルではテジクッパプという料理が有名でないことを知った。

地域

 
西面市場に隣接するテジクッパプの専門店通り
釜山市内のほぼ全域にテジクッパプの専門店が点在している。
西面市場の付近には5軒のテジクッパプ専門店が並んでいる。1960年頃からこの一帯に専門店が集まり始めた。
テジクッパプは1930年代に慶尚南道密陽市で誕生したとの説がある。釜山市と並ぶテジクッパプの本場として有名。

飲食店情報

以下は韓食ペディアの執筆者である八田靖史が実際に訪れた店を列挙している。

<釜山市>

  • 松亭3代クッパプ(송정3대국밥)
住所:釜山市釜山鎮区西面路68番キル29(釜田洞255-15)
住所:부산시 부산진구 서면로68번길 29(부전동 255-15)
電話:051-806-5722
備考:1946年創業の老舗店
  • 密陽テジクッパプ(밀양돼지국밥)
住所:慶尚南道金海市仁済路91(漁防洞1130-11)
住所:경상남도 김해시 인제로 91(어방동 1130-11)
電話:055-337-1790
備考:金海市では有名なテジクッパプ専門店

<慶尚南道>

  • タンゴルチプ(단골집)
住所:慶尚南道密陽市常設市場3キル18-16(内一洞174-1)
住所:경상남도 밀양시 상설시장3길 18-16(내일동 174-1)
電話:055-354-7980
料理:テジクッパプ(豚のスープごはん)

脚注

  1. 돼지국밥 、釜山歴史文化大典、2017年9月14日閲覧
  2. 밀양돼지국밥 、密陽文化観光ウェブサイト、2024年4月14日閲覧
  3. [뉴스와 현장 문인들의 아지트, 예술가의 밥집으로 /이선정] 、国際新聞、2017年9月14日閲覧

外部リンク

制作者関連サイト

関連項目