亀尾市の料理

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

亀尾市(クミシ、구미시)は慶尚北道の中西部に位置する地域。本ページでは亀尾市の料理、特産品について解説する。

地域概要

亀尾市は慶尚北道の中西部に位置する地域。市の北部は慶尚北道義城郡慶尚北道軍威郡、南部は慶尚北道漆谷郡、西部は慶尚北道金泉市、北西部は慶尚北道尚州市と接する。人口は42万2068人(2018年7月)で、慶尚北道の自治体としては浦項市に次いで2番目に多い[1]。市の中央を北から南に洛東江(ナクトンガン、낙동강)が流れており、これに合流する甘川(감천)とともに、川の周囲が広大な平野部となっている。市の周辺部は山がちで、4~800m級の山々が囲む盆地型の地形である。平野部が多く洛東江が水源として豊富であることから、工業団地を置くのに適するとして1969年に亀尾国家産業団地が造成された。繊維、電子、半導体などの工場が続々と誘致され、内陸における輸出産業の最前線として大きく発展するに至った。古くは三国時代に伽耶と新羅が勢力を争った地域でもあり、その当時に作られた亀尾凰顙洞古墳群(クミ ファンサンドン コブングン、구미 황상동 고분군)や、新羅では初めての寺院と伝えられる桃李寺(トリサ、도리사)など歴史的な見どころが多くある。また、市内の上毛洞(サンモドン、상모동)地区には朴正煕大統領の生家がある。ソウル市から亀尾市までは、ソウル高速バスターミナル、東ソウル総合ターミナルから亀尾総合ターミナルまで高速バスで約3時間。あるいはソウル駅からKTXで金泉亀尾駅まで出て(約1時間30分)、そこから市外バスやタクシーで亀尾市内に向かう方法もある(約3~40分)。

食文化の背景

代表的な料理

  • プゴムルチム(干しダラの辛い鍋/북어물찜)
  • インオチム(コイの蒸し煮/잉어찜)
  • ハンバンペクスク(丸鶏の漢方煮/한방백숙)

代表的な特産品

  • オイ(キュウリ/오이)

代表的な酒類・飲料

飲食店情報

エピソード

脚注

  1. 주민등록 인구 및 세대현황 、行政安全部ウェブサイト、2018年8月9日閲覧

外部リンク

関連サイト
制作者関連サイト

関連項目