金泉市の料理

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

金泉市(キムチョンシ、김천시)は慶尚北道の南西部に位置する地域。本ページでは金泉市の料理、特産品について解説する。

地域概要

金泉市は慶尚北道の南西部に位置する地域。市の北部は慶尚北道尚州市、北東部は慶尚北道亀尾市、東部は慶尚北道漆谷郡、南東部は慶尚北道星州郡、南部は慶尚南道居昌郡、西部は全羅北道茂朱郡忠清北道永同郡と接する。人口は14万1812人(2018年7月)[1]。市の北部から南西部にかけては1000mを超す山々が連なり、小白山脈の一角を成しつつ、これらが忠清北道全羅北道との境界となっている。中でも岷周之山(ミンジュジサン、민주지산)の三道峰(サムドボン、삼도봉)は3地域の境に位置する象徴的な存在である。市の北西部に位置する秋風嶺(チュプンニョン、추풍령)は小白山脈の中でも比較的低く、往来しやすい峠であり、古くから交通の要衝となった。朝鮮時代の9大路に数えられる嶺南右路は、当時の漢陽(現在のソウル)から、良才(ソウル市瑞草区)、竹山(現在の安城)、清州、永同、秋風嶺を通って、金泉、星州、玄風(現在の大邱市達城郡)、金海へと続く道である[2]。こうしたかつての幹線道路は現在の交通網にも影響を残しており、秋風嶺地区には京釜高速道路と京釜線が通っている。市の中央部には洛東江(ナクトンガン、낙동강)の支流である、甘川(カムチョン、감천)が南西部から北東部に向けて流れている。代表的な観光地として、新羅時代の418年に創建された直指寺(チクチサ、직지사)や、景観の美しい修道渓谷(スドケゴク、수도계곡)などがある。ソウル市から金泉市までは、ソウル駅から金泉亀尾駅までKTXで約1時間半の距離。ソウル高速バスターミナル、東ソウル総合ターミナルから金泉公用バスターミナルまで高速バスで約2時間40分~3時間の距離である。

食文化の背景

代表的な料理

  • ケンシギ(キムチ粥/갱시기)
  • フッテジグイ(黒豚の焼肉/흑돼지구이)

代表的な特産品

  • チャドゥ(スモモ/자두)
  • ポド(ブドウ/포도)

代表的な酒類・飲料

  • クァハジュ(過夏酒/과하주)城内洞

飲食店情報

エピソード

脚注

  1. 주민등록 인구 및 세대현황 、行政安全部ウェブサイト、2018年8月13日閲覧
  2. 영남대로(嶺南大路) 、朝鮮王朝実録辞典、2018年8月13日閲覧

外部リンク

関連サイト
制作者関連サイト

関連項目