カルグクス(韓国式の手打ちうどん/칼국수)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

カルグクス칼국수)は、韓国式の手打ちうどん。カル()は包丁、グクス(국수)は麺の意。麺の名称であり、料理名でもある。生地を包丁で切って麺にする調理法から名付けられた。かつては手打ち麺が主流だったが、最近では機械で製麺する場合も多く、手打ち麺で作ったものを特にソンカルグクス(손칼국수)とも呼ぶ。ソン()は手の意。メインとする食材によって、タッカルグクス(鶏肉入り手打ちうどん/닭칼국수)パジラッカルグクス(アサリ入り手打ちうどん/바지락칼국수)、サゴルカルグクス(牛骨スープの手打ちうどん、사골칼국수)などとも呼び分ける。牛骨、鶏肉、貝、煮干しなどでダシを取ったスープに、小麦麺を入れて煮込む。味付けは塩、醤油、みじん切りニンニクなどで仕上げ、具にはジャガイモ、エホバク(カボチャの未熟果、(애호박))、長ネギ、シイタケ、溶き卵などを加える。そば粉で麺を作るメミルカルグクス(平打ちの温そば/메밀칼국수)や、マンドゥ(餃子/만두)をトッピングしたマンドゥカルグクス(餃子入りの手打ちうどん、만두칼국수)、ユッケジャン(牛肉の辛いスープ/육개장)に麺を入れたユッケジャンカルグクス(牛肉入りの辛い手打ちうどん、육개장칼국수)など、アレンジのバリエーションは幅広い。家庭料理として作られるほか、食堂や粉食店、フードコートなどで幅広く提供され、専門店も多い。鍋料理の専門店では、残ったスープでカルグクスを煮ることも多い。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目