コプテギ(豚皮の焼肉/껍데기)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

コプテギ껍데기)は、豚皮の焼肉。コプテギは皮を表す。豚肉の部位名であり、それを焼いた料理名でもある。メス豚の腹まわりの皮がもっとも柔らかく美味しいとされ、飲食店では乳首の部分を見せるようにして提供することが多い。皮だけにクニクニとした食感だが、じっくりと焼くことで表面がカリッとする。ゴマ油と粗塩を混ぜたキルムジャン(기름장)というタレや、サムジャン(包み味噌、쌈장)、コチュジャン(唐辛子味噌、고추장)ダレ、醤油ダレなどにつけて味わう。サムギョプサル(豚バラ肉の焼肉/삼겹살)や、テジカルビ(豚カルビ焼き/돼지갈비)などとともに豚焼肉店のメニューに並ぶことが多い。居酒屋では豚皮を野菜などと炒め、ピリ辛に味付けをして提供する店もある。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目