谷城郡の料理

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

谷城郡(コクソングン、곡성군)は全羅南道の北東部に位置する地域。本ページでは谷城郡の料理、特産品について解説する。

地域概要

谷城郡は全羅南道の北東部に位置する地域。郡の北部は全羅北道淳昌郡南原市と接し、東部は全羅南道求礼郡、南部は順天市、南西部は和順郡、西部は潭陽郡と接する。人口は2万9530人(2019年4月)[1]。小白山脈(ソベクサンメク、소백산맥)の影響を受けて全体に山地が多く、標高764mの通明山(トンミョンサン、통명산)、標高735mの動楽山(トンアクサン、동악산)などが代表的である。北部から東部に向かって蟾津江(ソムジンガン、섬진강)が流れ、これに南部から東部へと流れる宝城江(ポソンガン、보성강)が注ぎ、これら川の周囲が平野部となっている。主要な観光地としては、旧谷城駅の跡地に蒸気機関車やディーゼル機関車などを展示する谷城蟾津江汽車村(コクソンソムジンガンキチャマウル、곡성섬진강기차마을)や、それに併設されるバラ公園(チャンミゴンウォン、장미공원)、蟾津江と宝城江の合流地であり川遊びや避暑地として利用される鴨緑遊園地(アムノクユウォンジ、압록유원지)などがある。ソウル市から谷城郡までのアクセスは、ソウル駅、龍山駅から高速鉄道のKTXで2時間20分前後。または、ソウル高速バスターミナルから谷城バスターミナル、玉果ターミナルまで高速バスで約3時間30分(1日1便)。近隣の主要都市である光州市の光州総合バスターミナル(U Square)から谷城バスターミナルまでは約1時間の距離である。

食文化の背景

蟾津江でとれるアユやチュウゴクモクズガニ(上海ガニ)が名産として知られる。アユは焼き魚、天ぷら、刺身で味わい、チュウゴクモクズガニは鍋料理、またはチャムゲジャン(チュウゴクモクズガニの薬味醤油漬け/참게장)にする。石谷面(ソッコクミョン、석곡면)地区では網焼きのテジプルコギ(豚肉の味付け焼肉/돼지불고기)が郷土料理として知られる。

代表的な料理

  • ソクセテジプルコギ(豚肉の網焼き/석쇠돼지불고기)石谷面
  • ウノグイ(アユの焼き魚/은어구이)
  • チャムゲタン(チュウゴクモクズガニ鍋/참게탕)

代表的な特産品

  • ヌンイボソッ(コウタケ/능이버섯)
  • トラン(サトイモ/토란)

代表的な酒類・飲料

飲食店情報

以下は韓食ペディアの執筆者である八田靖史が実際に訪れた店を列挙している。

  • トンナムチプ(통나무집)
住所:全羅南道谷城郡竹谷面大荒江路1598-19(下汗里山419-1)
住所:전라남도 곡성군 죽곡면 대황강로 1598-19(하한리 산 419-1)
電話:061-362-3090
料理:ウノグイ(アユ焼き)、チャムゲタン(チュウゴクモクズガニの鍋)

エピソード

韓食ペディアの執筆者である八田靖史は2019年4月に初めて谷城郡を訪れた。蟾津江名物のアユ料理がお目当てだったが、出てきたアユの塩焼きには青唐辛子と大量のニンニクが腹に詰められており、そのパンチの効いた調理法に驚いた。アユといえば繊細な香りを楽しむもの、という先入観ゆえにはじめは衝撃のほうが勝ったが、刺激的な味わいと鮮烈な香りは誇張なしにたいへん美味であり、改めて韓国料理と日本料理の違いを学ぶに至った。

脚注

  1. 주민등록 인구 및 세대현황 、行政安全部ウェブサイト、2019年5月6日閲覧

外部リンク

関連サイト
制作者関連サイト

関連項目