聞慶市の料理

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

聞慶市(ムンギョンシ、문경시)は慶尚北道の北西部に位置する地域。本ページでは聞慶市の料理、特産品について解説する。

地域概要

聞慶市は慶尚北道の北西部に位置する地域。市の北部は忠清北道堤川市丹陽郡、東部は慶尚北道醴泉郡、南部は慶尚北道尚州市、西部は忠清北道槐山郡、北西部は忠清北道忠州市と接する。人口は7万2475人(2018年7月)[1]。市の北東部から南西部にかけて小白山脈が連なっており、これらが忠清北道との境になっている。全体的に山の多い地形であるが、市内には穎江(ヨンガン、영강)、錦川(クムチョン、금천)、鳥嶺川(チョリョンチョン、조령천)といった河川が流れ、その周辺に平野部が広がっている。市の中心部は南部の店村(チョムチョン、점촌)地区にあり、北部の聞慶邑(ムンギョンウプ、문경읍)地区、西部の加恩(カウン、가은)地区に大きく主要地域が分かれる。聞慶市庁は店村地区に置かれており、アクセスは店村市外バスターミナルからが近い。市の北西部に位置する聞慶セジェ(ムンギョンセジェ、문경새재)は、慶尚道地方からソウルへと向かう際に小白山脈を越える代表的な峠のひとつであり、朝鮮時代の9大路に数えられる嶺南大路(ヨンナムデロ、영남대로)が通る交通と国防の要衝であった。現在は一帯が聞慶セジェ道立公園に指定されているほか、敷地内には時代劇のオープンセット場が置かれ、ドラマや映画のロケ地として観光の目玉になっている。陶磁器作りが盛んな地域でもあり、市内には聞慶陶磁器博物館があるほか、春には聞慶伝統茶碗祭り(문경전통찻사발축제)が開催される。ソウル市から聞慶市までは、ソウル高速バスターミナル、東ソウル総合ターミナルから店村市外バスターミナルまで高速バスで約2時間30分の距離である。

食文化の背景

代表的な料理

  • ハンバンテジチム(豚肉の漢方鍋/한방돼지찜)
  • ファルソンタンテジゴギ(活性炭豚/활성탄돼지고기)

代表的な特産品

  • オミジャ(チョウセンゴミシ/오미자)

代表的な酒類・飲料

  • ホサンチュン(湖山春/호산춘)

飲食店情報

エピソード

脚注

  1. 주민등록 인구 및 세대현황 、行政安全部ウェブサイト、2018年8月13日閲覧

外部リンク

関連サイト
制作者関連サイト

関連項目