ムッパプ(ムクのスープごはん/묵밥)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

ムッパプ묵밥)は、ムクの冷製スープ。ムッ(=ムク、)は緑豆、ドングリ、そばなどのでんぷんを固めた食品。パプ()はごはんの意。丼状の大きな器にごはんを盛りつけ、ドングリのでんぷんを用いたトトリムク(ドングリ寒天、도토리묵)や、そば粉を固めたメミルムク(そば寒天、메밀묵)を拍子切りに切って載せ、そこへ煮干しなどでとったダシ汁を注いで作る。ダシ汁は冷やしたものでも、温かなものでもよい。刻んだキムチや、刻み海苔、ゴマなどを入れることも多く、薬味醤油、ゴマ油などをかけても味わう。ごはんは器を別にすることもあり、ごはん抜きのムッパプはムクサバル(ムクのスープ、묵사발)とも呼ぶ。ムク自体に味はないものの、特有の柔らかな食感を楽しむ料理であり、特に夏場の食欲が落ちる時期には最適とされる。家庭料理として作られるほか、ムク料理の専門店や、郷土料理店などでも提供される。類似の料理として、トトリムクを生野菜と和え物にしたトトリムクムチム(ドングリ寒天の和え物/도토리묵무침)がある。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目