プンオパン(タイ焼き/붕어빵)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

プンオパン붕어빵)は、タイ焼き。プンオ(붕어)はタイ(鯛)ではなくフナ(鮒)を表す。パン()は食パンや菓子パンなどのパンを意味するが、今川焼きやタイ焼き、饅頭などの焼き菓子も広くパンと称される。魚の形をした専用の型に、小麦粉、砂糖、卵などを混ぜて作った生地を流し込み、中にアンコを入れて焼いて作る。代表的な屋台料理のひとつであり、間食用として人気が高い。店舗によって、インオパン(タイ焼き(コイ焼き)/잉어빵)、ファングムインオパン(黄金の鯉パン、황금잉어빵)など、呼び名が多数存在する。なお、実際に川魚のフナを用いた料理としては、プンオチム(フナの蒸し煮/붕어찜)が有名である。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目