タッパル(鶏足焼き/닭발)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

タッパル닭발)は、鶏足焼き。タッ()は鶏。パルは(발)は足を意味する。下茹でをした鶏の足に辛いタレを絡めて鉄板、網などで焼いた料理を指す。骨ありと骨なしがあり、骨ありはピョインヌンタッパル(뼈있는 닭발)、骨なしはピョオムヌンタッパル(뼈없는 닭발)と呼び分ける。骨ありの場合は、手で持って骨まわりの部分にかぶりついて味わう。使い捨ての手袋を出す店も多い。皮の部分はゼラチン質でぷりぷりと柔らかく、軟骨はコリッとして食感の対比を楽しめる。店によっては激辛に仕上げることも多い。居酒屋、屋台などで提供されることが多く、専門店もある。足を食べる料理としては、ほかに豚足を醤油煮にしたチョッパル(豚足の煮物/족발)や、牛の足をスープに仕立てたウジョクタン(牛の足のスープ/우족탕)がある。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目