コンナムルムチム(大豆モヤシのナムル/콩나물무침)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

コンナムルムチム콩나물무침)は、大豆モヤシのナムル。コンナムル(콩나물)は大豆モヤシ。ムチム(무침)は和え物を指す。韓国では野菜の和え物をナムル(나물)とも呼ぶが、ナムルとは本来、山菜、野草、植物の新芽を表す単語であり、大豆の芽であるコンナムルは単語が重複するため、コンナムルナムルとは呼ばない。大豆モヤシをゆがいて、ゴマ油、塩、みじん切りニンニクなどで味付けをして作る。主に家庭の常備菜、副菜として作られるほか、飲食店でも副菜のひとつとして提供される。ピビムパプ(ビビンバ/비빔밥)の具として使われることも多い。大豆モヤシを使った料理には、ほかにコンナムルバプ(大豆モヤシごはん、콩나물국밥)や、コンナムルクッ(大豆モヤシのスープ、콩나물국)、全羅北道全州市の郷土料理であるコンナムルクッパプ(モヤシスープごはん/콩나물국밥)などがある。

  • 緑豆モヤシとの区別
韓国では緑豆モヤシをスクチュナムル(숙주나물)と呼び、日本ではモヤシとして総称されやすい両者を明確に区別する。例えば飲食店でナムルの盛り合わせを頼んだ際、大豆モヤシと緑豆モヤシのナムルが両方盛られて出てきたとしても、それはモヤシが重複している訳ではなく、韓国人の感覚としては別個の野菜として出されている。緑豆モヤシのナムルはスクチュナムルムチム(緑豆モヤシのナムル/숙주나물무침)と呼ぶ。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目