クンマンドゥ(焼餃子/군만두)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

クンマンドゥ군만두)は、焼餃子。クン()は「焼いた」という意味で、「焼く(굽다)」という動詞の過去連体形。マンドゥ(만두)は漢字で「饅頭」と書き、韓国では餃子のこと(「[マンドゥ(餃子/만두)]]」の項目も参照)。小麦粉を練って作った薄い皮で、肉や野菜で作った具を包んで焼く。油を多めに用いるため揚げ餃子のように仕上がることも多い。屋台、中華料理店、粉食店、食堂などのメニューに並ぶ。マンドゥは焼餃子のほかに、ムルマンドゥ(水餃子/물만두)、チンマンドゥ(蒸餃子、찐만두)などの種類もある。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目