クンジュントッポッキ(醤油味の餅炒め/궁중떡볶이)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

クンジュントッポッキ궁중떡볶이)は、醤油味の餅炒め。クンジュン(궁중)は宮中。トッポッキ(떡볶이)は棒状に作ったうるち米の餅を甘辛く炒めた料理を指す(「トッポッキ(餅炒め/떡볶이)」の項目も参照)。一般にコチュジャン(고추장)や水飴を用いて甘辛いタレで調味をするトッポッキだが、もともとは甘みのある醤油ダレで作った。野菜や牛肉なども加えて具も豪華に仕上げる料理である。宮中料理としても作られたとの逸話から、クンジュントッポッキと呼ばれており、また醤油は韓国語でカンジャン(간장)と呼ぶことから、カンジャントッポッキ(간장떡볶이)と呼ぶこともある。これに対してコチュジャン味のトッポッキをコチュジャントッポッキ(고추장떡볶이)とも呼ぶ。主に宮中料理店、韓定食店においてコースの一部として提供される。トッポッキのバリエーションとしては、ほかにラポッキ(ラーメン入り餅炒め/라볶이)シンダンドントッポッキ(新堂洞式の餅炒め/신당동떡볶이)、クンムルトッポッキ(スープ風の餅炒め、국물떡볶이)、キルムトッポッキ(油を絡めた餅炒め、기름떡볶이)などがある。

  • ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』への登場
2003年に韓国で放映されたドラマ『宮廷女官チャングムの誓い(대장금)』に登場して話題となった。劇中(第14話)では主人公のチャングムが牛肉や干し野菜を具としたトッポッキを作り、梨で加えて甘味を出した醤油を用いて味付けをしている。韓国では『宮廷女官チャングムの誓い』によってクンジュントッポッキの知名度が向上し、一時期ブームにもなった。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目