カンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け/간장게장)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

カンジャンケジャン간장게장)は、ワタリガニの醤油漬け。カンジャン(간장)は醤油。ケジャン(게장)はカニを薬味醤油や辛い薬味ダレに漬けたものを表す。本来はカニ全般の醤油漬けを指す料理名だが、ワタリガニで作られることがもっとも多く、カンジャンケジャンだけでワタリガニの醤油漬けを意味することが多い。ワタリガニはコッケ(꽃게)と呼び、コッケジャン(꽃게장)、またはカンジャンコッケジャン(간장꽃게장)とも呼ぶ。生のワタリガニを丸ごと薬味醤油に漬け込んで作る。食べる際は殻ごとぶつ切りにして、中の身を味わうとともに、甲羅についたカニミソや内子(未成熟卵)も味わう。また、甲羅にごはんを入れて混ぜて食べるのも定番であり、その相性のよさからごはん泥棒(밥도둑)とも称される。主に専門店や海鮮料理店のメニューに並ぶほか、市場でも販売される。ワタリガニ以外のカンジャンケジャンとしては、イシガニ(민꽃게)、ケガニ(털게)、チュウゴクモクズガニ(참게)などを用いる。また、近年は同様の薬味醤油にエビを漬け込んだ、カンジャンセウ(エビの薬味醤油漬け、간장새우)の人気も高い。ワタリガニを用いた料理としては、ほかにヤンニョムケジャン(ワタリガニの辛味ダレ漬け/양념게장)コッケタン(ワタリガニ鍋/꽃게탕)コッケチム(ワタリガニ蒸し/꽃게찜)などがある。主産地である仁川市や、忠清南道全羅北道などの郷土料理としても有名。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目