トンテジョン(スケトウダラのチヂミ/동태전)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

トンテジョン동태전)は、スケトウダラのチヂミ。トンテ(동태)は冷凍させたスケトウダラ、ジョン(チョン、)は漢字では「煎」と書いて、野菜、魚介、肉などに、小麦粉や溶き卵の衣をつけて鉄板で焼いたものを表す(「チョン(チヂミ/전)」の項目も参照)。一般に冷凍のスケトウダラを使うことが多いものの、スケトウダラは保存状態によって細かく名前のかわる魚であり、生のスケトウダラを使用する場合はセンテジョン(생태전)と呼ぶ。また、スケトウダラの標準名を用いてミョンテジョン(명태전)と総称することもある。ひと口大にそぎ切りにしたスケトウダラに、小麦粉、溶き卵の衣をつけてピカタ状に焼いて作る。家庭料理として作られるほか、居酒屋、民俗酒場などでも提供される。

  • ミョンテテガリジョン
釜山市釜山鎮区の釜田市場では、スケトウダラの頭だけを用いたミョンテテガリジョン(명태대가리전)が名物となっている。ミョンテ(명태)はスケトウダラ、テガリ(대가리)は頭を意味する。頭部を真ん中から割り、平たくならしてから衣をつけて鉄板で焼いて作る。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目