オボクチェンバン(北朝鮮式の寄せ鍋/어복쟁반)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

オボクチェンバン어복쟁반)は、北朝鮮式の寄せ鍋。オボク(어복)は牛の腹肉。チェンバン(쟁반)は漢字で「錚盤」と書いておぼんの意。チェンバンと呼ばれるおぼん状の平たい真鍮製の鍋で牛肉などを煮込んだ料理を指す。単にチェンバンとも呼ばれる。薄切りの牛肉を、野菜、キノコ、卵、そば、餃子などの具とともに牛ダシで煮込んで作る。鍋の中央には醤油ダレを入れた器を置き、これを一緒に煮込みながら具をつけて味わう。北朝鮮の平壌(ピョンヤン、평양)を中心とした平安道(ピョンアンド、평안도)地方の郷土料理であり、韓国においては同じく平壌名物であるネンミョン(冷麺/냉면)の専門店や北朝鮮料理の専門店で提供される。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目