アグチム(アンコウの蒸し煮/아구찜)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

アグチム아구찜)は、アンコウの蒸し煮。アグ(아구)はアンコウ、チム()は少量の煮汁で蒸し煮にする調理法のこと。アンコウはアグィ(아귀)とも呼ばれるため、アグィチム(아귀찜)と呼ぶこともある。ぶつ切りしたアンコウに加え、セリ、豆モヤシ、長ネギなどの野菜などが入り、粉唐辛子、醤油、ニンニク、ショウガなどを混ぜ合わせた薬味ダレで蒸し煮にして作る。アンコウの身はワサビ醤油につけて食べてもよい。アンコウ料理の専門店や、海鮮料理店、居酒屋などで提供される。そのほかアンコウを使った料理としては、アグタン(アンコウ鍋/아구탕)、アグスユク(茹でアンコウ、아구수육)などがある。慶尚南道昌原市の馬山(マサン、마산)地区が発祥として知られ、現地の郷土料理として知られる。仁川市の郷土料理でもある。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目