新刊『韓国かあさんの味とレシピ』の料理を味わう会(開催延期)
Close
詳細
次回イベントまで

新刊『韓国かあさんの味とレシピ』の料理を味わう会(開催延期)

開始日:25 4月 2020

終了日:26 4月 2020

Time: 05:00pm

本企画は阿佐ヶ谷の韓国料理店「HAN COOK」とのコラボで、新刊『韓国かあさんの味とレシピ』の料理を再現して味わうイベントです。韓国のかあさんたちが教えてくれた料理をオーナーシェフの林三樹夫さんに作っていただきます。

 

※4月2日13時追記
お申込みの皆様にはメールを送りましたが、諸般の状況から判断し、日程を延期したいと思います。楽しみにしていただいていた皆様には本当に申し訳ありません。新たな日程は、情勢が落ち着いた段階で判断し、できるだけ余裕を見て、皆様にお知らせする予定です。

現状で参加が確定している方も、キャンセル待ちの方も、新規日程では現在の状態をそのまま固定したうえで、ご都合に合わない場合には、可能な限りで変更を承ります。その詳細についても日程確定後にお伝えするように致しますが、現時点での不明点がありましたら、八田(hachimax●hotomail.com ←●を@に変更)まで直接お問い合わせください。

※3月20日18時追記
新刊イベントのお申込みには、すべてその日のうちに返信を致しました。もし返信が届いていない方は、迷惑フォルダなどに入っていないかをご確認のうえ、お手数ですが僕のほうまでご連絡いただければ幸いです。DMでも、メールでも、下記のフォームからでも大丈夫です。

http://www.kansyoku-life.com/profile

※3月19日0時追記
※4月25、26日とも、キャンセル待ちも含めて受付を終了しました。

※3月18日23時追記
4月25日、26日とも定員に達しました。現在は4月26日のみキャンセル待ちで受け付けています。

※3月18日22時追記
申し込み受付を開始しました。

 2020年3月4日発売の新刊『韓国かあさんの味とレシピ』は好評発売中。

 実際に料理を作ってみたとの声も多くいただいており、著者としてはたいへん嬉しく思っております。ただ、家庭料理と言ってもだいぶ手の込んだものも多く、そうそう簡単には作れないという方もいらっしゃるかもしれません。

 そこで考えたのがプロにお願いをして、味わうところだけを楽しもうという今回の企画。阿佐ヶ谷の人気韓国料理店「HAN COOK」とのコラボによって実現致しました。

 掲載のレシピをもとに、オーナーシェフの林三樹夫さんが再現。調理には韓国料理研究家の本田朋美さんにも加わっていただき、出来上がった料理の解説を八田靖史が担当致します。

 募集要項は以下の通りです。

=========================

<新刊『韓国かあさんの味とレシピ』の料理を味わう会」>

日程:2020年4月25、26日(土・日)
受付:16時45分~
時間:17時~20時頃
場所:HAN COOK(阿佐ヶ谷)
会費:6,500円(税込、当日支払い)
定員:各21名(先着順)
主催:韓食生活HAN COOK

※2日間の開催ですが、両日とも内容は同じです。
※どちらか1日だけを選んでお申込みください。
※新型コロナウイルスの状況によって最終的な開催の判断を行います。

<予定料理>

・掲載料理の小鉢3種盛り
・ドングリ寒天と野菜の和え物 トトリムクチャプチェ
・家族みんなで作る韓国式のヘルシー餃子 マンドゥ
・モリモリ食べる牛肉の天ぷら コギティギム
・お客様のおもてなしに茹で豚の葉野菜包み スユク
・カンタン豆モヤシの炊き込みごはん コンナムルバプ
・誕生日に食べる慈愛のワカメスープ ミヨックッ
・デザート

※食材や調理の関係で完全にレシピ通りではないこともあります。
※会費はドリンク(飲み放題)を含みます。

<参加対象>

どなたでもご参加いただけます。

<会場>

HAN COOK
東京都杉並区阿佐谷北1-27-7有隣ビル2階
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131905/13200975/

<申込方法>

2020年3月18日(水)22時より申し込みを受け付けます。こちらの「申し込み専用ページ」にフォームが開きます。フォームより必要事項を入力してお申込みください。申し込みの集中によりサーバーがダウンした場合は、「Twitter」、「Facebook」などで予備のフォームアドレスをご案内します。

※1:定員を超えた場合はキャンセル待ちの案内をします。
※2:返信は自動ではありません。返信に時間をいただくことがあります。
※3:問い合わせは八田靖史(hachimax@hotmail.com)までメールをください。
=========================

<プロフィール>


林三樹夫(はやしみきお)
HAN COOKオーナーシェフ。韓国と日本の食文化を融合させた、親しみのあるサービスと料理を創作ㆍ提供。韓国にて3年間、料理と酒の腕を磨き、ソウルや都内の名店で勤務。2015年国立民族学博物館 日韓国交正常化50周年記念特別展『韓日食博』にてメニュー監修ㆍ調理。2016年韓国料理コンテスト日本予選準優勝!
Facebook:https://www.facebook.com/HANCOOK.jp/
Twitter:https://twitter.com/HANCOOK_asagaya
Instagram:https://www.instagram.com/hancook_asagaya/

 

本田朋美(ほんだともみ)
韓国料理研究家・聞慶市観光広報大使。2006年1月に韓国語講師と生徒のマッチングサービス「つながるハングル」を立ち上げる。その後、会員向けに行った韓国料理交流会が評判を呼び、南漢亭オーナーだった故・趙重玉先生から韓国料理を学ぶ。2009年8月から韓国料理研究家としての活動を開始。現在は韓国料理店スランジェのアドバイザーを務め、ナスラックキッチンでレシピを掲載。公共団体、食品企業、飲食店、メディアからの依頼を受け、イベント企画・実施、レシピ・商品開発、韓食の広報活動、執筆等を行っている。2016年9月より聞慶市(ムンギョンシ)観光広報大使に就任。日韓の懸け橋として積極的に活動している。

受賞歴
・2014年韓国国際料理競演大会 薬膳料理部門 金賞受賞
・2014年韓国国際料理競演大会 薬膳料理部門 ソウル市長賞受賞
・2015年民団韓食ネット協議会主催 第4回キムチグランプリ 金賞受賞
・2016年大阪韓国文化院主催 韓国料理コンテスト グローバル「韓国の味」日本予選出場

 

八田靖史(はったやすし)
コリアン・フード・コラムニスト。慶尚北道、および慶尚北道栄州(ヨンジュ)市広報大使。ハングル能力検定協会理事。1999年より韓国に留学し、韓国料理の魅力にどっぷりとハマる。韓国料理の魅力を伝えるべく、2001年より雑誌、新聞、WEBで執筆活動を開始。最近はトークイベントや講演のほか、韓国グルメツアーのプロデュースも行っている。著書に『目からウロコのハングル練習帳』(学研)、『イラストでわかる はじめてのハングル』(高橋書店)、『韓国行ったらこれ食べよう!』(誠文堂新光社)ほか多数。最新刊は2020年3月刊行の『韓国かあさんの味とレシピ』(誠文堂新光社)。韓国料理が生活の一部になった人のためのウェブサイト「韓食生活」、YouTube「八田靖史の韓食動画」を運営。
 

※商品へのリンクはamazonアソシエイトリンクが使用されています。

→その他のイベントを見る

→韓食生活のトップページに戻る

 

 
 
previous next